top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

上野駅で毎日16時になると行列ができている → 入手困難な「あのパン」が売っていた!

ロケットニュース24

ある日、取材の途中でJR上野駅で電車を乗り換えようとしたら……

中央改札を出たところで行列ができているのを発見した。

不思議に思って近づいてみると、入手困難なことで知られる「あのパン」が売っていたのである。

・浅草のペリカンのパン

行列ができていたのは、JR上野駅の中央改札を出て左手のところにある「のもの」という東日本の名産品を売るお店。

わざわざ店の横にスペースを作って、パンを販売している。その行列はみるみるうちに伸びていく……。

広告の後にも続きます

それもそのはず。販売しているのは浅草・田原町の「ペリカン」のパンだったのだ!

ペリカンは老舗の人気パン店。昔から食パン、コッペパン、ロールパン、丸パンだけという硬派なラインナップなのだが、予約しないと買えないことで有名なのだ。

・日曜以外は入荷

上野の「のもの」でのペリカンのパンの販売は、平日・土曜・祝日の16時〜17時の間に入荷というスケジュール。

日曜(GW、お盆、年末年始)をのぞく毎日やっているらしい。

販売しているパンは

・食パン 1斤半 890円
・食パン 1斤 610円
・山型パン 780円
・小ロール 10個入 940円
・中ロール 5個入 720円

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル