top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

それぞれの目的で集まったアルバイト仲間達。一人旅がしたい理由を聞かれ…

ゴールドライフオンライン

「勉強ができる」ことを、当たり前だと思っていた。東京の名門大学に入学したものの人生初の挫折に打ちひしがれていた僕は、一人旅のために始めたバイトで、金沢から来た大学生ユミと出会う。1970年代の東京、北海道、そして金沢を舞台にした、レトロでモダンな青春小説。※本記事は、葛城 仁氏の小説『雨の中のレインボー』(幻冬舎ルネッサンス)より、一部抜粋・編集したものです。

第一章 東京 赤い車の女

「なんちゃってね」と彼女は続けて、僕をまっすぐに見た。鼻の根元に少しだけ小さな皺を寄せて嬉しそうに微笑む。彼女がこっちを向いているので、「金沢で何してるの?」と訊いてみた。

「金沢大学の国文科で言語学を。三回生よ。小説にも興味あるけど、それじゃ食べていけないものね」と言ってストローに口をつけた。白いプラスチックの中を褐色の液体がツーっと上る。

そして、「教師にでもなるわ」と独り言のようにつぶやいた。

「教師にでも、って」と小柄な女性が言う。

広告の後にも続きます

「私は主婦をやってるけど、それこそ、仕方なくよ」

「ひょっとしてお母さん?」とユミが尋ねる。

「三人の子持ちよ、あなたたちの年頃からずっと。それがどういうことか、想像もつかないでしょ。教師にでも、って、それはないわ」と女性は言い、苦笑いのような表情を浮かべる。

初対面のただの挨拶のはずなのに、と僕はちょっと緊張する。「小生は」と、男が言葉を挟むように言った。僕はホッとして、この人、いい人かもしれないと思う。

「典型的な貧乏学生です」と、男は自己紹介を続ける。横浜の国立大学の経営学部二年生。両親が自営業で暮らしはぎりぎり、学費と生活費の一部を稼ぐため、少しでも割の良いアルバイトがあるとこうやって遠征してくるそうだ。最後に、「税理士になって親に楽をさせてあげたい」と言った。

「で、あなたは何者なの?」とリーダーが僕に矛先を向ける。僕は、自分が東京大学の一年生で、どうしても一人旅がしたい。経費を自分一人で稼ぐためにここにいると言った。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル