top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

ユニークなキャラと時代を超える楽曲が魅力のTHE ALFEE、50周年を迎える今もファンが増え続ける理由

WEBザテレビジョン

今年の8月でデビュー50周年を迎えるレジェンドロックバンド、THE ALFEE。それを記念して、THE ALFEEのコンサート映像3作品が、CS衛星劇場にて3月3日(日)昼1時より、テレビ初放送される。放送作品には1987年にメンバーの母校、明治学院大学で行われた「MEIGAKU LIVE 3 NOVEMBER 1987」もあり、これはファンクラブ限定販売のDVD等でしか見られなかった貴重な映像となっている。本記事では、単独バンドによる国内最多コンサート回数を誇り、音楽シーンの第一線を走り続けてきた生きる伝説のTHE ALFEEについて振り返っていく。

■50年間、1度も活動休止がない奇跡の3人組バンド

1974年8月25日に、桜井賢、坂崎幸之助、高見沢俊彦、三宅康夫(1975年に脱退)の4人で“ALFIE”としてデビュー。1986年にグループ表記を変更し、THE ALFEEとなった。

ももいろクローバーZのファンを“モノノフ”、サカナクションのファンを“魚民”と呼ぶように、THE ALFEEのファンには“アル中”という呼称が付いている(※本コラム筆者も昭和生まれの“アル中”エディターである)。「アルフィーの沼にハマった中毒者」、「アルフィーに酔いしれる者」という意味のすてきなファンネームだ。

筆者が初めてTHE ALFEEを知ったのは、1983年、「メリーアン」のヒットのとき。当時の音楽シーン的にロックをろくに知らなかった小学生にとってTHE ALFEEのサウンドはとにかく鮮烈で、アーティストのコンサートに行ったのもTHE ALFEEが初めてだった。

みんなが知るヒット曲を持つアーティストであっても、THE ALFEEのように毎年ツアーを開催し、日本武道館やアリーナ公演を重ね、ここまでの長い期間、人気を維持し続けているトップアーティストは国内では一握りしかいないだろう。しかも彼らの場合、休止、解散という事態はデビュー以来、1度も起きていない。風体から分かるパーソナルはもちろん、音楽的なバックボーンも違う3人が衝突することなく、還暦を過ぎた今も、三者三様でありながら三位一体の姿を見せてくれている。まさに奇跡の3人だ。

■令和の今も輝く不動の名曲「星空のディスタンス」

そんな彼らの人気の土台にあるのは多様な音楽性。ハードロック、メタル、フォーク、ポップな要素まで幅広いジャンルを網羅し、力強くエネルギッシュな曲から感情を引き出すメロディアスなバラードまでが揃う楽曲群。3人ボーカルによる美しい三声は何より耳に突き刺さるところだ。また、往年のファンだけでなく、キャリアを重ねるごとに若いファンを掴んでいる理由も時代を超える楽曲の良さに違いない。

例えばTHE ALFEEを不動のトップアーティストに押し上げたヒット曲「星空のディスタンス」(1984)は、元欅坂46の平手友梨奈がオーディションで歌った曲としても知られている。40年前の曲ながらリズムにもメロディーにも、そして音にも古さを感じさせず、令和のニューシングルと言われても全く違和感がない名曲だ。平手自身は音楽番組で乃木坂46がTHE ALFEEとコラボしたときに歌っていたのを聴いて好きになったというが、14歳(当時)の女の子にも刺さり、オーディションでの披露曲にしたというのはその証明の1つだろう。

このように他アーティストのカバーからTHE ALFEEを知ったという人も多いのかもしれない。というのも、400曲を超えるTHE ALFEEの楽曲のほとんどを作詞作曲している高見沢は、アーティストやタレントへの楽曲提供も膨大にしている。

ももいろクローバーZ、上戸彩、高橋みなみなどへの提供の他、明石家さんまのヒット曲「真赤なウソ」、小泉今日子の超名曲「木枯らしに抱かれて」も高見沢の作詞作曲によるものだ。「堂本兄弟」で共演するKinKi Kidsにも「命のキセキ」という名曲を提供しており、この番組は高見沢のユニークな人間性、ゲスト出演する桜井、坂崎との仲睦まじい関係性が見えることでファンにとても人気だった。

■コンサートで繰り広げるガチコントと、料理音痴な高見沢の伝説

『堂本兄弟』でTHE ALFEEを知った人は、「トークが面白いおじさんたち」という印象を持っているかもしれない。そのイメージのごとく、コンサートのMCでは、トークを超えて愉快なコントが始まりだす。ツアーグッズの販促コントや仮装をしての全力ガチコントは芸人顔負けのノリで、ファンの中にはこのコントを楽しみにツアー参戦している人も大勢いるほどだ。

また、THE ALFEEのコントはコンサート内だけに留まらず、イベントのDVDパンフレットには「ALFEE KITCHEN」なる超人気コンテンツが収録されている。これは文字通り3人によるクッキング番組で、見どころは3人の掛け合いと、高見沢の料理音痴ぶり。中でもカツ丼回で玉ねぎを丸ごと親子鍋に入れたのは語り継がれる伝説だ。

他にもリンゴを剥けば身がなくなり、おにぎりを作るとなれば熱々炊飯ジャーに素手を突っ込むなど、高見沢が怪奇な行動を見せている。「ALFEE KITCHEN」は、そんな爆笑シーンの宝庫になっており、いつまで経っても愉快で自由な姿を見せてくれるのも、THE ALFEEがファンから愛され続けているポイントだ。

■時代の熱さを凝縮、テレビ初放送の伝説ライブ

どのアーティストのファンも同じ思いだと思うが、応援してくれるきっかけは音楽でなくても構わない。入口はバラエティーでもラジオでも、ネット番組でも良いのだ。ただ、やはり1度は、THE ALFEEコンサートを見てもらいたい。ステージ上にはテレビやネットで見ていた姿とは別の、アーティストとしてのTHE ALFEEの世界があるからだ。

音楽番組が減少し、サブスクをはじめとしたデジタル配信が浸透し、CDが売れなくなったとも言われる現代。どのアーティストもライブ活動に軸を移しているが、THE ALFEEはそもそもデビュー当初からライブ活動をメインにし、そこでファンを集めたバンドだった。現に「メリーアン」のヒットでお茶の間に知られる前に、日本武道館公演を開催している。そうした活動の中で生まれた伝説のライブの1つが、今回CS衛星劇場で放送される「THE ALFEE / MEIGAKU LIVE 3 NOVEMBER 1987」だ。

メンバー3人の母校、明治学院大学の屋外ステージで行われたスペシャルライブで、噂によればチケット抽選には約7万通の応募があったという。当時はちょうど静岡・日本平で6万人を集めたオールナイトコンサートを行い、THE ALFEEの人気が爆発した直後。映像では40年前の精悍な3人が激しいパフォーマンスを見せ、ファンが大歓声を上げている。明治学院大学学園祭の模様も収録され、このときの時代の熱さ、ファンの熱気がどれほどであったかを感じ取ることができるだろう。

また、1988年に札幌、横浜、大阪、福岡の4カ所で行った大規模コンサートの模様を収録した「THE ALFEE / THE ALFEE ALL OVER JAPAN 4ACCESS AREA 1988」、1992年に横須賀で開催された「THE ALFEE / JUST LIVE!」も連続放送。前者は「星空のディスタンス」「Stand Up,Baby -愛こそすべて-」「恋の炎」などが収められ、映像収録が少ない「クリスティーナ」も含まれる全17曲を収録。後者は約5万人が来場した横須賀シーサイドパークでの11回目のライブ映像で、「鋼鉄の巨人」「Promised Love」「いつも君がいた」「夢よ急げ」「SWEAT & TEARS」「終わりなきメッセージ」など、全20曲を収録。どちらも当時のライブの臨場感が凝縮されたライブで、今回がテレビ初放送となる。

音源で聴いているのとは全く違う、THE ALFEEのコンサートのすごさ。その一端だけでも見られる伝説のライブ映像は必見だ。まだTHE ALFEEの音楽に触れたことがないという人もこの3作品を観て、アルフィー沼へと足を踏み入れてみてほしい。

◆文/鈴木康道
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル