top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

叶井俊太郎さんの訃報 妻・倉田真由美さんが報告「最高の父ちゃんでした」

ABEMA TIMES

 漫画家の倉田真由美さんが、ステージ4の「すい臓がん」を公表していた、夫で映画プロデューサーの叶井俊太郎さんが亡くなっていたことを報告しました。

【映像】倉田真由美さん 夫・叶井俊太郎さんの訃報を報告

 倉田さんは27日、Xを更新し「2月16日夜、夫が永眠しました。私の見ている目の前で、最期の息を引きとりました。その後は何度も、何度も何度も、『父ちゃん!父ちゃん!』と声をかけましたが戻ってくることはありませんでした。亡くなる前日まで毎日シャワーを浴びて髪を洗い、髭を剃り、普通に話せていました。私にもっともっと大変な思いをさせてもよかったのに、ろくに何もさせないままいってしまいました。夫は癖の強い人で、合わない人も結構いたかもしれません。でも、私とは合う人だった。まったく喧嘩にならない相性だった。そのおかげで、なんにもストレスなく家族として十数年を過ごせました。いい思い出しかありません。最高の父ちゃんでした」とコメントしています。

 叶井さんは、2001年に買い付けたフランス映画「アメリ」が、国内で大ヒットするなど、数々の映画作品を企画・プロデュースしてきました。2022年6月にステージ3のすい臓がんが見つかり、治療しなければ余命半年と診断されていましたが、それから1年半以上にわたり、仕事や日常生活を続けながら闘病していました。(ANNニュース)

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル