top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

人気YouTuber、ネット上からの「イジメ」主張も…過去の「セクハラ武勇伝」再注目 「お前の方がよっぽど」の声も

J-CASTニュース

人気2人組YouTuber「スカイピース」のテオさんが2024年2月23日の動画で、自身の名前を用いたSNS上のブームについて、一部から「イジメられています」などと主張した。

一方、Xでは26日頃に、テオさんが22年の動画で告白した、中学生時代の女子生徒に対する行為が再び注目を集め、「嫌がらせではないか」などとして波紋を呼んでいる。

「あ、もう大イジメやんと思って」

きっかけとなったのは、スカイピースが23年2月に公開した「【おめでとう】テオくんが彼女出来たのでカップル誕生をラップで祝ってみた」と題した動画。同時期に人気インフルエンサーとの交際を公表したテオさんを、相方の☆イニ☆(じん)さんや仲間のYouTuberが、歌手・西野カナさんの楽曲「GO FOR IT !!」を替え歌にして祝福したものだ。

この歌の中にあった「テオくん頑張れ!」というフレーズが、24年1月頃からX上で流行。テオさん自身も同月21日にXで「テオくんは何をがんばればいいんだろう ここに貼ってください」と反応していた。

その後、テオさんは2月23日に公開した動画の中で、「テオくん頑張れについてどう思っている?」というトピックでトークを始めた。前出のX投稿で自ら流行に乗じた際、「本人出てくるのはちゃうなぁ」「しらけるわぁ」といった反応が見られたとし、「あ、もう大イジメやんと思って」と振り返った。

広告の後にも続きます

続けて、「学校来てる奴に『○○頑張れ』みたいな。で、『じゃあ俺頑張るわ~!』って言ったら、『それは違うわ』って」と例え、「これ大イジメですからね? 僕がイジリって言えばイジりですけど、僕がイジメって言ったらイジメですからね?」「僕は今、イジメられています」とも主張している。

テオさんは、流行に対してどのように反応するか悩んでいたといい、「『もっとイジってくれ、もっとイジってくれ』『大丈夫だ、大丈夫だ』ってやんなきゃエンターテインメントとして成立しないかなって考えて。やっぱりね、どこか無理をしてるんですよね、正直言うと」とも漏らす。「『テオくん頑張れ』でイジってきた人全員に対して、それがイジメだからやめってっていうことではないんだけど、ちょっと食らうところはあるんですよね」と胸中を明かしていた。

「自分に来た被害だけ大きい声で『いじめられた』かよ」

人気YouTuberグループ「コムドット」のやまとさんは25日にXで、テオさんの動画での発言を受け、「テオ君の昨日の発言に対して『いじめではない』とか『相方が作った歌でしょ』とか追撃してる人を見ると吐き気がする」とコメント。「そもそもこのムーブメント何も面白くないし、これを面白いと思ってるならそのチンケで惨めな人生に同情するよ 人の心を集団で蝕んで何が楽しい?」とXでの流行に苦言を呈した。

一方で、X上では26日頃、テオさんが22年11月にコムドットの動画に出演した際の言動を切り抜いた投稿が拡散され注目を集めた。

動画の中で、テオさんは中学時代のエピソードを披露。幼馴染の女子に対し「ずっとおっぱい揉んでた」「(女子の)後ろからガッてブラを持って『うぃいいい!』って俺がやって」などと面白おかしく語っている。相手は「やめて!」などと声を上げ、テオさんは教員から注意を受けたとするも、「で教室戻って…『うぃいいい!』って揉んだ」と満面の笑みで振り返っていた。

これは当時も物議を呼んだが、現在テオさんが「イジメられています」と主張していることから、一部Xユーザーからは「お前がやってる事の方がよっぽどイジメだよ」などとして、再び批判の声が上がっている。

 
   

ランキング

ジャンル