top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

小学生の英語はゲームで楽しく学ぼう!メリットや家庭でできるゲームを紹介

ファンファン福岡

6歳・8歳の息子を持つママライター、永野栄里子です。

小学校では3年生から英語学習が始まり、5年生からは1つの教科になります。初めて触れる外国語に抵抗を持つ小学生も少なくありませんが、楽しく学ぶならゲーム形式がおすすめです。

今回は、小学生におすすめの英語ゲームを紹介します。苦手意識をなくし、授業でも生かせる力を身につけましょう。

【小学生の英語】ゲームで学ぶメリット

Adobe Stock

小学生が英語をゲーム形式で学ぶメリットは、大きく3つです。「英語が楽しい」と感じられれば、繰り返しの学習習慣や英語力アップにつながります。

「英語=苦手」という意識が生まれにくい

新しいことを習うのはどの教科でも簡単なことではありませんが、特に英語は「外国語」という普段馴染みのない言葉というだけで、苦手意識を持ってしまう子どももいます。しかし、ゲームを通して英語を学べば楽しさや競争心が自然と生まれ、苦手という意識が生まれにくくなります。

自発的に学べる

ゲームは頭や身体を使った能動的なアクションが求められます。机に向かって先生・講師の話を聞いて…という受け身の学習とは異なり、意欲を持って自発的に英語学習に取り組めるようになるのも、ゲームを活用するメリットです。

反復学習で定着しやすい

ゲームを使った学習で「英語=楽しい」という意識が芽生えれば、繰り返し取り組めるようになります。好きなゲームを繰り返すことで自然に定着しやすいのも、英語ゲームの魅力です。また、英語に触れる時間が長くなり、ますます英語に興味を持ったり、新たな言葉や表現を覚えたりもできるようになります。

広告の後にも続きます


簡単でおすすめの英語ゲームで楽しく学ぶ方法とメリットを解説 https://english-search.jp/columns/246

自宅で簡単!小学生におすすめの英語ゲーム

Adobe Stock

英語ゲームというと特別な道具などが必要なイメージもあるかもしれませんが、自宅ですぐにできる簡単なゲームも多くあります。小学生におすすめの簡単英語ゲームを、5つ紹介します。

命令ゲーム

「命令ゲーム」は、英語の聞き取りとジェスチャーを使ったゲームです。「Simon Says」で始まる、指示に従うゲームなので、知っている人も多いのではないでしょうか。指示を出す「親」を決め、親は英語で命令します。

「Simon Says touch your head.」のように、「Simon Says」と頭についているときだけ、指示に従います。「Touch your head.」のように、「Simon Says」がない命令は聞いてはいけませんし、「Simon」以外の名前のときも同様です。

命令の内容を工夫すれば、バリエーションは無限に広がります。親となった人は命令によって発音や文法の練習ができます。命令を聞く側も、リスニング力を養えるでしょう。

早口言葉

日本語同様、英語にもいいにくい早口言葉が存在します。そんな早口言葉を正確かつスピーディーにいうのを競う早口言葉も、英語力アップに有効です。有名な早口言葉には、次のようなものがあります。

・Peter Piper picked a peck of pickled peppers.(ピーターパイパーは、山盛りの唐辛子ピクルスを拾った)
・Red leather, yellow leather.(赤い革、黄色い革)
・A big black bug bit a big black bear and made the big black bear bleed blood.(大きな黒の虫が大きな黒のクマを刺して血を出した)

間違えやすい英文や単語をつっかえないようにいうこと、早くいうことを意識して何度も練習するうちに、正しい発音が身につきます。

ジェスチャー

指定された言葉の意味をジェスチャーで伝えるゲームは、複数人で行うと特に盛り上がります。まず、お題を書いた紙を何枚か用意します。ジェスチャーをする人は紙を引いて、そこに書いてある単語をジェスチャーで表現します。

「Dog(犬)」や「Cat(猫)」のような動物でもよいでしょうし、「waiter(ウエイター)」「Teacher(教師)」など、職業も伝えやすいでしょう。何をジェスチャーで表現するか単語を見て判断することで単語を覚えられ、回答者は見たものを英語で表現する力がアップします。

タッチングゲーム

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル