top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

特集上映『松田優作の狂気』予告編&場面写真 松田美由紀「スクリーンの中で生きている」

Real Sound

『野獣死すべし』©KADOKAWA 1980

 3月22日より角川シネマ有楽町にて上映される松田優作の生誕75周年を記念した『角川シネマコレクション 松田優作の狂気』の予告編と場面写真が公開された。

参考:松田優作生誕75周年を記念、KADOKAWAと東映が特集上映を同時開催 韓国2都市でも

 1973年に『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)で鮮烈なデビューを飾り、邦画各社で幅広いジャンルの主演を務めた松田優作。生誕75年、没後35年を迎えた現在も多くのファンを魅了し、『ONE PIECE』の元海軍本部大将クザン通称「青キジ」のモデルとなったことでも知られている。

 3月22日から4月4日にかけて角川シネマ有楽町で開催される『角川シネマコレクション 松田優作の狂気』では、初上映となる『蘇える金狼 4Kデジタル修復版』のほか、『野獣死すべし』、『人間の証明 4Kデジタル修復版』、『探偵物語 4Kデジタル修復版』、『ひとごろし』、『嵐が丘』の6作品をデジタル上映する。

 公開された予告編では、「体感せよ。伝説のスターがスクリーンに蘇える。」というキャッチコピーとともに、本特集での上映6作品のショットが切り取られている。また映像では、作品ごとに異なる役に入り込み、役として生きた松田優作が演じてきた役の印象的なセリフが確認できる。

広告の後にも続きます

 場面写真には、今回の特集上映で4Kデジタル修復した映像から、今まで場面写真として公開されていないシーンカットを新たに抜き出した新場面写真も含まれている。

 また、松田優作の妻である松田美由紀からコメントも到着。「松田優作の魅力は、役に対して全身全霊で挑み、その役の人物に魂までも憑依して、スクリーンの中で生きているところです。この特集上映を通じて、多くの方に観て頂き、彼の遺した純粋な表現が次世代にも愛され続けることを願っています」と松田優作と特集上映への思いを綴っている。

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル