top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

『ろくでなしBLUES』森田まさのり、アシスタントへの“誠意ある対応”続く 断ち切りになった背景を公開中

Real Sound

森田まさのり氏の公式X(@HITMANmorita)より

 漫画家の森田まさのり氏が自身のXで展開している、「アシくんすまん。」と題したシリーズが話題を呼んでいる。

(参考:【画像】森田まさのり氏が公開してきた、大幅にカットされた原画たち

 以前からSNSで積極的な発信を続けている森田氏は、『ろくでなしBLUES』や『ROOKIES』『べしゃり暮らし』など自身のヒット作について、主に作画やセリフのミスを中心にセルフツッコミを行う「なかったことにしたい」シリーズを展開。ファンを笑わせつつ、「漫画家はそこまで考えているのか」と唸らせてきた。

 そんななか、ページ内に余白を作らない、いわゆる「断(裁)ち切り/断(裁)ち落とし」になったコマで、「アシくん=アシスタント」が丁寧に書き込んだにもかかわらず大幅にカットされてしまった背景について言及。2月12日投稿された「なかったことにしたい。その45」で、『ROOKIES』の1コマについて「スタンドの何気ないカットを描いたつもりが、構図を間違って、妙にひとりの名もなき女生徒が目立つ格好に」なってしまったというエピソードを明かし、「アシスタントくんがせっかく頑張って原稿用紙の端っこまで描いてくれたのに、印刷で断ち切られて陽の目を見ることのなかった素晴らしい背景をいつか見てもらいたい」と語っていた。

 併せて「需要があればここでも公開します」とコメントしたところ、ファンからは「需要しかない」という趣旨のコメントが集まり、「アシくんすまん。」シリーズとして次々と、原画と掲載ページの内容を比較するポストが行われているのだ。2月18日に「その1」がポストされ、25日には「その8」まで至っている。

広告の後にも続きます

 詳しくは実際のポストを確認していただきたいところだが、『ろくでなしBLUES』で描かれた後楽園ホールや、『ROOKIES』の野球場、『べしゃり暮らし』のシアターモリエールやルミネ theよしもとなど、大きな会場・シチュエーションについて、原画では資料と照らし合わせたリアリティのある背景、観客の姿などがしっかり描き込まれており、製本の際に大きくカットされているケースがあることがよくわかる。

 これは作業工程上、ある程度は仕方のないことで、アシスタント氏も納得しているところだろう。しかし森田氏は「観客の顔までちゃんと描いてんのになぁ…。」「無駄な仕事させてるなぁ…。」と、さかのぼって申し訳なさを語っている。

 原画からカットされている部分があるということは、裏を返せば誌面に掲載されたシーンの外に、さらに世界が広がっているということに他ならない。その豊かさを感じる意味でも、ぜひ森田氏が公開している原画をチェックしていただきたい。

(小原良平)

 
   

ランキング(読書)

ジャンル