top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

愛ゆえの問題?猫への『依存』が引き起こすトラブル3つ あなたの「依存度」を調べるチェックリストも

ねこちゃんホンポ

猫依存が引き起こす3つのトラブル

依存は、何かを頼りにすることで、日常生活には当然起こる心理です。しかし、依存症になると、その対象に対する強い欲求が自分の理性で抑えられなくなります。

ここでは、愛猫に対する猫依存について、起こりやすいトラブルを解説します。

1.猫の問題行動

猫は基本的に独立心の強い動物なので、自分の生活ペースを守りたがる傾向にあります。

しかし、飼い主が猫に過剰に干渉してしまうと、猫がストレスを感じて問題行動を起こす原因となることが考えられます。

具体的な行動には次のようなものがあります。

トイレ以外での粗相 不適切な場所での爪とぎ 突然威嚇する 同居のペットへの八つ当たり 鳴きわめく

広告の後にも続きます

いずれの行動も猫が自己主張をするときの行動で、自分の領域が侵されている警告でもあります。

ただし、これらは過干渉によるストレスだけでする行動ではないということに注意しましょう。特にトイレ以外の粗相では、泌尿器系の病気が隠れていることも考えられます。

2.猫の異変を見逃す

飼い主の行動は、猫の健康にも悪影響があります。

それは、疾患の見落としです。

飼い主が猫に対して過剰な依存状態にあると、適切な観察がむずかしくなり、猫の異常行動や症状を正常だと見なす傾向があります。

たとえば、異常があり鳴いている猫を甘えん坊と認識してしまったり、舌が出っぱなしになったりしていても、口腔疾患を疑うことなく「かわいい」と写真に収めてしまう場合などです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル