top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

犬が「寝不足」になっているサイン4選 危険な症状や睡眠の質を高める方法とは

わんちゃんホンポ

1.いたずらが増える

睡眠は体力回復のためだけでなく、脳の疲労の回復や記憶の整理などの役割も果たすと言われています。このように心身に大きな影響を与える睡眠が不足すると、精神的なストレスがかかりやすくなると考えられています。

犬はストレスが溜まると、それを発散するために物を噛んだり破壊したり、激しく動き回ったりすることがあります。そうした本能的な行動を取ることで、ストレスを発散するのです。

そのため、犬が普段はあまりしないいたずらをするようになったり、家の中での動きが荒っぽくなったりしたときは、ストレスを抱えている可能性があります。そして、その原因が「寝不足」にあるかもしれないということを覚えておきましょう。

2.怒りやすくなる

愛犬がいつもよりもよく吠えていたり、ちょっとしたことで怒ったりするようになったら、犬は「寝不足」でイライラしているのかもしれません。

睡眠が足りていないとストレスが溜まると説明しましたが、それに伴って気持ちに余裕がなくなってイライラしてしまいがちです。

広告の後にも続きます

寝不足だと判断力や思考力が低下するため、普段は落ち着いて対応できることも受け入れられなくなったり、不快な気分になったりしてしまいます。

3.疲れやすくなり、動きたがらない

睡眠は体力を回復するためにとても大切なものです。そのため、睡眠が足りていないと疲労が溜まってしまい、常に体がだるい状態になってしまうことがあります。

普段は外に出たり遊んだりすることが好きな犬が、それらに応じなくなったり、すぐに休憩するようになったりした場合は、「寝不足」が影響しているのかもしれません。

4.食欲が低下する

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル