top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

新感覚サスペンス・スリラー『マッチング』内田英治監督インタビュー「良い演技って実際に血が出るより怖いんですよね」

ガジェット通信

身近すぎるアプリから始まる恐怖を描く、新感覚サスペンス・スリラー『マッチング』が2月23日(金・祝)より公開中です。

ウェディングプランナーとして仕事は充実しながらも恋愛音痴な主人公・輪花(りんか)役には土屋太鳳、輪花とアプリでマッチングする“狂気のストーカー”永山吐夢(ながやま とむ)役に Snow Man の佐久間大介、輪花に想いを寄せるマッチングアプリ運営会社のプログラマー・影山剛(かげやま つよし)役を金子ノブアキが演じます。そして輪花、吐夢、影山が巻き込まれていく「アプリ婚連続殺人事件」を杉本哲太、片山萌美、真飛聖、後藤剛範、片岡礼子、 斉藤由貴ら実力派キャスト陣が集結。

原作・脚本・監督を務めた内田英治さんにお話を伺いました。

――本作とても楽しく拝見させていただきました。翻弄されました…!原作・脚本・監督を担ってらっしゃるということでご苦労も多かったのではないでしょうか。

サスペンスということで特に脚本は苦労しました。「ここを変えると、ここがズレてくる」という、修正も大変になってくるので。登場人物たちの年齢に辻褄が合っているか、とか、本作では過去と未来を行き来するので、出来事を書き出して整理したりしました。ミステリーって読むのはめっちゃ楽しいですけれど、作るのはなかなか大変だなと。ミステリーやサスペンスの小説を書かれている皆さんは本当にすごいなと改めて尊敬しました。

広告の後にも続きます

――本作でミステリーを選ばれた理由はどんなことですか?

20代の頃はミステリーが好きで、ミステリーしか読まない人でした。純文学とかそういったものは読まずに。10代の頃はハヤカワ・ミステリ文庫から入って、20代になってからは髙村薫さんなど日本の作家さんも読み始めて。なので、好きだということには自信があるのですが、作ることには自信が無かった。

ヒューマンドラマを作るのとは、全然違う脳の部分を使うんですよね。理数系というか数字の世界。僕、その分野がめちゃめちゃ苦手で。でも、1つのジャンルじゃなくて色々なジャンルに挑戦したいなと思った時に、避けては通れないのがミステリーの世界ですよね。それで、今回1回チャレンジしてみようと。でもまた次にやらせていただくことがあるとしたら、売れているミステリーの原作に挑戦したいです(笑)。プロの小説家さんがしっかり練られてきた物を映像化出来るということは幸せなことなんだなと思います。

――原作があると「結末を知っている人がいる」というウィークポイントがあるかもしれませんが、確かにトリックなどは考えることが本当に大変そうですよね。

しかも、良いミステリーってオチを知っていても何度でも読めますからね。

――題材がマッチングアプリという所がリアリティありますし、便利なサービスですけれど、ここまではなくとも実際に怖いことはたくさん起こっていそうな気がしました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル