top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

Aぇ! group 小島健、大倉忠義にも認められたプロデュース能力の高さ 後輩と共に作り上げる舞台

Real Sound

 Aぇ! groupの小島健が作・演出を務め、関西ジュニアのAmBitiousとBoys beが出演する舞台『おいでよ!ミナミ笑店街』が大阪松竹座にて2月27日から上演をスタートする。3月31日までの全40公演という長丁場の舞台だ。デビュー前でありながらプロデュース業にも携わる小島。本稿では彼のプロデュース力を深堀りしていきたい。

(関連:Aぇ! group 小島健、“面白い”も“かっこいい”も全力な姿勢 バラエティ、モデル、ドラマとマルチに見せる活躍

 今まで小島がプロデュースに携わった作品といえば、2022年の1月から3月にかけて東京グローブ座、サンケイホールブリーゼにて上演された『THE BEGINNING~笑劇~』が挙げられるだろう。これは企画・プロデュースをSUPER EIGHT・大倉忠義が務め、作・構成・演出は小島を含む出演者自らが行うというものだった。この舞台に出演したAぇ! group・佐野晶哉、Lil かんさい・嶋﨑斗亜、當間琉巧、AmBitious・岡佑吏は“小島組”と呼ばれ、小島とともに舞台を作り上げていった。プロデューサーの大倉が小島に掛けた「こじけん、なんかしたいことある?」の一声から生まれたというこの舞台。大倉は舞台の上演が発表された日に自身の公式Xで打ち合わせ中の小島と佐野の写真を投稿し、「この2人凄いんだよなぁ、ゼロから物を生み出せる人はクリエイターだと思います。」と称賛の言葉を添えた。多数のライブや舞台を生み出してきた先輩からもプロデュース力を認められていることが分かる。

 また小島は舞台作品のみならず、グループの楽曲の作詞に携わることもある。Aぇ! groupのオリジナル曲「神様のバカヤロー」「ボクブルース」は彼が作詞した曲であり、絶望や葛藤の中で小さな光を手繰り寄せたり信念を貫いたりするような切実な思いが書かれた曲だ。特に「ボクブルース」には〈Aぇ! groupの心を〉と書いて「僕たちの声を」と読むといった遊び心も詰まっており、真面目で誠実でありながらいつもその時々を楽しもうとする小島らしい言葉が並んでいる。

 毎週さまざまな分野のゲストとコラボし、唯一無二のエンターテインメントを創り上げているAぇ! groupの冠番組『THE GREATEST SHOW-NEN』(ABCテレビ)では演出家を招き舞台を創ることも多い。さまざまな演出家との関わりが、彼のプロデュース力の成長にも繋がっているのかもしれない。

広告の後にも続きます

 今回は関西ジュニアの後輩である二組が出演する舞台を全面プロデュース。舞台の開催が発表された際には会員制有料ブログ「FAMILY CLUB web」にてAmBitious・真弓孟之、Boys be・嵜本孝太朗らが小島の名前を挙げ、共に舞台を作り上げながらも頼りにしていることを綴っており、小島が現場で慕われている様子が窺える。今回の出演者はお笑いに触れた経験があまりないメンバーも多いようだが、ムードメーカーの小島が後輩たちの士気を上げているようだ。

 YouTubeのジュニアCHANNELにアップされている「Aぇ! group【関西Jr.一斉アンケート!!】リアル格付けに大波乱~前編~」の動画では関西ジュニアの後輩に取ったアンケートで男前ランキング、面白いランキングでともに1位を取った小島。Boys be・亀井海聖から「いつもふざけてるように見えるのに裏では中身がすごく男前」、AmBitious・岡佑吏からは「本気でツボるくらい笑わせてくれた回数が自分の出会った人の中で一番多い」というようなコメントが寄せられ、小島と後輩の親密な関係性が垣間見える。普段から後輩たちを気にかけ、慕われている彼の手で創り上げられる今回の作品は、舞台にもかかわらず1階席はスタンディングでの観覧が許可されており、どんなものになるのか全く予想できない。そんな本公演の幕開けを楽しみにしたい。

(文=池田夏葉)

 
   

ランキング(音楽)

ジャンル