top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】

サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」

テニス365


ハードコートマッチ500勝に到達したマレー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)は26日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク67位のA・マレー(イギリス)が同120位のD・シャポバロフ(カナダ)を4-6,7-6 (7-5),6-3の逆転で破り初戦突破。この結果、マレーはハードコートでマッチ500勝目をあげ、1968年のオープン化以降史上5人目となる大台に到達した。

>>ダニエル 太郎らアカプルコ組合せ<<

>>ダニエル 太郎vsデミノー 1ポイント速報<<

>>西岡 良仁vsボルジェス 1ポイント速報<<

36歳のマレーは四大大会3勝を含む46勝をツアーで記録。この試合の前までに通算734試合に勝利してきており、内訳はハード499勝、芝118勝、クレーで109勝となっていた。

この試合、マレーは第1セットを落としたものの、第2セットをタイブレークの末にもぎ取ると、ファイナルセットでは2度のブレークに成功。サービスゲームではわずか5ポイントしか失わず、シャポバロフを2時間32分で振り切った。

ハードコートマッチ500勝目をあげたマレーはオープン化以降5人目となる快挙を達成。そのほかでは518勝のR・ナダル(スペイン)、592勝のA・アガシ(アメリカ)、700勝のN・ジョコビッチ(セルビア)、783勝のR・フェデラー(スイス)がいる。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはマレーのコメントが掲載された。

「悪くないね(笑)。ハードコートは僕にとって長年にわたって素晴らしいサーフェスだったし、500試合はとても多いから、誇りに思うよ。500勝を達成したプレーヤーはそれほど多くないから、とても誇りだ」

2017年の大会王者であるマレーは2回戦で、第5シードのU・アンベール(フランス)と世界ランク54位のG・モンフィス(フランス)のどちらかと対戦する。

同日には第2シードのA・ルブレフや第3シードのH・フルカチュ(ポーランド)、第7シードのA・ブブリク(カザフスタン)、世界ランク33位のS・コルダ(アメリカ)らが初戦を突破した。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル