top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

なんとシカの頭を75頭、ウサギを串刺し…諏訪大社で行われる謎の奇祭「御頭祭」はユダヤ教と関係?

Japaaan

長野県諏訪市の古社「諏訪大社」。4つの社があることで有名です。筆者はこちらに初詣に行きましたが、こちらで4月15日に上社で行われる奇祭、「御頭祭(おんとうさい)」を知っていますか?

現在は剥製が使われていますが、このお祭り、かつては「鹿の頭を75頭分」、「白い兎を松の棒で串刺しにしたもの」や、「鹿の脳和え・生鹿・生兎・切兎・兎煎る・鹿の五臓な」どを盛ったものがお供えされたといいいます。

さらには御贄柱に8歳ほどの「御神(おんこう)」という子供を縛りつけ、神官が小刀で刺そうとした瞬間に止めて子供は解放される、という流れの神事も行われていました。

この様子は江戸時代の文化史研究家の菅江真澄が記していますが、不思議なことに、いつから行われてなぜそのような形式になったのか、発祥や由来がはっきりとわからないのです。

 

広告の後にも続きます

ご神体「守屋山」と「御神」に共通するユダヤ伝説

現代の説明では豊作祈願の神事とされていますが、他の日本の一般的な豊作祈願とは一線を画すといえるでしょう。鹿による農作物被害を減らすために、近隣住民が鹿を神にお供えしたことから始まったという説もありますが、しかし75頭も必要でしょうか?

実は諏訪大社と守屋山にはユダヤ人伝説やユダヤ教の儀式と類似点があるのでご紹介します。列挙すると…

・「モリヤ」はユダヤ人の国イスラエルの首都エルサレムにある山の名前と同音。
・「御神」の「神官が小刀で刺そうとした瞬間に止めて子供は解放される」というくだり

が、旧約聖書の「イサクの生贄」にそっくり。それは…

「神がアブラハムに『あなたの一人息子のイサクをモリヤ山で生贄にしなさい』と命じて、アブラハムが泣く泣く我が子に手をかけるときに神がそれを止めた」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(おでかけ)

ジャンル