top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

年間消費量が大幅減少!日本人が「ハム」を食べなくなった「生活習慣の変化」って何だ

アサ芸Biz

 総務省が発表した家計調査によれば、「ハム」を買うために支払う年間支出金額が減少を続けているという。かつては朝食の定番食品であり、お歳暮の人気商品だったイメージがあるが、なぜ日本人はハムを食べなくなったのか。

 同調査によると、2023年の2人世代以上のハムの年間支出額は4750円だった。14年には5832円だったため、1000円以上も少なくなっており、この10年でおよそ20%減少したことになる。しかも、加工肉全体の年間支出額はこの10年で約500円の微増となっていて、ソーセージやベーコンはほぼ横ばいの状態にあることから、やはり「ハム離れ」が鮮明となっているのだ。

ハムを食べなくなった原因の1つには、ハムなどの加工肉を食べると『がんになりやすい』という研究結果のイメージが残っている面もあるでしょう。世界保健機関(WHO)の研究機関である国際がん研究機関(IARC)が、加工肉を1日に50g食べた場合、大腸がんのリスクが18%高まると発表。2015年当時、加工肉メーカーはこれに猛反発し、WHOは「一切食べないようにとは求めていない」と弁明しました。ソーセージやベーコンでも同様のはずですが、ハムだけが嫌われるのは、単体で食べることがあまりなく、腹持ちもそれほど良くないといった理由が考えられます」(フードジャーナリスト)

 加えて、ハムにとっては致命的とも言える「生活習慣の変化」があったという。

ハムエッグにサラダにトーストなど、ハムは朝食に食べるもの、というイメージがあると思いますが、近年は朝食を食べない人が増えているのです。農林水産省の調査によると、21年には全体の13.9%が朝食を欠食しているといい、特に20代から30代の若い世代では26.5%にのぼるといいます。ハムエッグで使われる卵の価格が急激に高騰した影響もあり、さらにハムは存在感を失いつつあります」(前出・ジャーナリスト)

広告の後にも続きます

 朝食の欠食率は増加傾向にあるという。今後はさらにハムの存在意義が薄れていくのかもしれない。

(小林洋三)

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル