top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

まだ間に合う! クルマの「3月決算セール」お得な交渉テク

週プレNEWS


最初の見積書には高級タイプのフロアマットやサイドバイザーなどが記載されている。不要な場合はその旨を伝えるべし

ニッポンで一番クルマが売れるのが3月の決算セール。多くの国民は賃金が上がらず、物価高騰に悶絶ヨガリ泣き。少しでも安く新車を買いたい! というわけで、長年販売店を取材し、舞台裏を知るカーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が交渉術を伝授する!

■軽新車販売トップのダイハツ車は買えるのか?

――2月13日、ダイハツ工業は国の認証取得の不正問題で、経営体制の刷新を発表しました。

渡辺 ダイハツの新社長には親会社であるトヨタ自動車の井上雅宏中南米本部長の就任が決定しました。

――この記者会見は大きなニュースになっていましたね。

広告の後にも続きます

渡辺 トヨタグループという部分もあると思いますが、ダイハツは国内の軽自動車販売で17年連続トップのメーカー。しかも3割のシェアを誇ります。当然ですが顧客も多く、3月の決算セールで買い替えを検討していた人は少なくないかと。

――今、ダイハツの販売店でクルマは買えるの?

渡辺 販売店に尋ねると、「販売できる在庫車は減っており、売るクルマがないのが実情」とボヤいていました。

しかし直近では、コンパクトSUVのダイハツロッキー、OEM(相手先ブランドによる生産)車のトヨタライズとスバルレックスは、国土交通省による出荷停止の指示が解除されました(ガソリン車のみ)。道路運送車両法の基準に適合していることが確認されたからです。

ダイハツトール、トヨタルーミー、スバルジャスティも、2月中旬の時点では出荷停止の解除はされていませんが、今後は購入可能になるはず。ただ、ダイハツの売れ筋である軽自動車のタントやムーヴキャンバスの出荷停止は続いています。

――要はダイハツの目玉である軽は販売店に在庫車が残っていれば購入できると?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル