top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

『マルス-ゼロの革命-』第2部・復讐篇開幕 帰還した道枝駿佑による反撃が始まる

Real Sound

『マルス-ゼロの革命-』©︎テレビ朝日

 なにわ男子の道枝駿佑が主演を務める『マルス-ゼロの革命-』(テレビ朝日系)の第6話からは、第二部・復讐篇が開幕する。

 参考:【写真】球児(泉澤祐希)の死に動揺するゼロ(道枝駿佑)

 本作は、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)などの脚本家・武藤将吾が完全オリジナルで描く青春“クーデター”サスペンス。

 道枝が演じるのは、落ちこぼれ高校生たちを「俺と一緒にこの世界をぶっ壊そう」と扇動していく19歳の転校生“ゼロ”こと美島零。そのほか、板垣李光人、吉川愛、井上祐貴、横田真悠、山時聡真、泉澤祐希、江口洋介らが共演に名を連ねた。

 桐山球児(泉澤祐希)の死で幕を下ろした第5話。さらに、「マルス」の中にいた“裏切り者”=クロッキー社のスパイは貴城香恋(吉川愛)だったことも判明。「ミスターK」を名乗り、ネット上でマルスへの攻撃を扇動していた香恋は、ゼロの最愛の人であった倉科エリ(大峰ユリホ)の死にも関わっていたことがわかり、マルスメンバーはその残酷な現実に言葉を失う。球児の死という最大の悲劇と香恋の裏切りで、崩壊寸前のマルスだが、さらにゼロ(道枝駿佑)までもが姿を消してしまう。

広告の後にも続きます

 無期限の活動休止も言い渡され、もはやマルスの空中分解は不可避の中、今後の展開を大きく左右する最重要人物、エンダーグループ会長・西城澪子(原田美枝子)がついに登場する。國見亜門(江口洋介)と業務提携を結んだ西城。しかし西城は國見を完全に信頼しているというわけでもない様子。はたしてこの“第3の人物”澪子は、マルスにとって敵となるのか、味方となるのか。

 そして、第6話ではゼロが帰還。ある人物から在りし日の球児が遺した言葉を聞いたメンバーは、それぞれの思いを胸に再び立ち上がる。最愛の人の復讐のため、そして腐った大人社会を壊して、自分たちの世界を取り戻す革命のため、宿敵・國見への反撃が始まる。

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル