top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

『Destiny』高畑淳子が石原さとみの上司役で12年ぶり共演 「円熟して素敵な女優になった」

Real Sound

(左から)曽田陵介、高畑淳子、石原さとみ ©︎テレビ朝日

 石原さとみが主演を務める4月期のテレビ朝日系火曜ドラマ『Destiny』に、高畑淳子と曽田陵介が出演することが決定した。

 参考:【写真】至近距離で向きあう亀梨和也&石原さとみ

 石原にとって3年ぶりの連続ドラマ復帰作で、亀梨和也と初共演する本作は、ドラマ『Dr.コトー診療所』(フジテレビ系)シリーズ、映画『涙そうそう』(2006年)などを手がけた吉田紀子が、脚本家人生初となる“検事”の世界を舞台に紡ぐ完全オリジナルサスペンスラブストーリー。安藤政信、宮澤エマ、田中みな実、矢本悠馬、仲村トオル、佐々木蔵之介らが共演に名を連ねた。

 石原演じる主人公の検事・西村奏が、亀梨演じる大学時代の恋人・野木真樹と12年ぶりに再会。それを機に、封印してきた青春時代の“ある事件”の扉が開き、2人は20年に及ぶ運命の波に翻弄されていくことになる。

 高畑が演じるのは、「横浜地方検察庁」中央支部の支部長・大畑節子。舞台『組曲虐殺』(2009年、2012年)以来、主演の石原と12年ぶりに共演することになった高畑は、「当時、さとみちゃんは初舞台だったんですが、今回久しぶりにお会いしたら、とても円熟して、しっかりした素敵な女優さんになられたなぁと思いました」と再会に大喜び。そんな高畑が、本作では石原演じる奏の上司を演じる。

広告の後にも続きます

 大畑は、検察庁で女性キャリア活躍の道を切り開いてきた草分け的存在で、個人的な感情に揺さぶられることなく、誰に対しても歯に衣着せぬ言動を貫く“検察庁の鉄の女”。担当する事件に苦戦する奏に対しても、厳しく、その成長見守っていく。高畑は、「私が演じる大畑は、怒った時にわざと小さな声で話すなど、時々面白いリアクションをするんです。『あーん』というあいづちや、話しながら突然『はあーん』と笑うとか(笑)。典型的な上司にならないように演じていきたいと思います」と意気込みを語った。

 曽田が演じるのは、「横浜地方検察庁」中央支部の事務官・加地卓也。検事である奏の職場でのパートナーとなる加地だが、仕事熱心な上司に振り回され、休日返上の日々を送る。「代休をください」と主張し続けるものの、なかなか実現もできない加地について、曽田は「僕の役があまり仕事をしたくないという感じのグダグダな後輩で(笑)、石原さんはそれを正してくれるいい先輩です」と語り、実は「(奏に関わる)秘密を抱えたある意味キーパーソンでもある」と明かす。

 さらに、曽田は「奏と真樹がどうなっていくのか、先が気になる展開の連続なんですが、このドラマ……考察しても絶対当たらないだろうな(笑)。最後の最後までどうなるのかわからない。わからないからこそ探りたくなるような作品です」と見どころを語った。

 あわせて、登場人物の相関図も公開。奏と真樹を取り巻くメインキャラクターの関係性が記されている。

コメント

高畑淳子(大畑節子役)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル