top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「一瞬で消えた!」「ありえねえ…」最高時速34キロ超え!浅野拓磨が“異次元スピード”の爆速ドリブルを炸裂した瞬間 速すぎる全力ランニングにスタジアム騒然

ABEMA TIMES

【ブンデスリーガ】ボルシアMG5-2ボーフム(日本時間2月24日/ボルシア・パルク)

【映像】場内騒然!浅野拓磨が一気にスピードを上げた瞬間

”ジャガー”浅野拓磨が自慢のスピードを見せつけた。ボーフムが押し込まれていた場面でボールを回収した日本代表FWはそのまま爆速ドリブルで一気に前線へと持ち上がった。彼の持ち味が発揮されたこの場面にファンも「やっぱり速いよな」と感銘を受けている。

ボーフムが0-2と追いかける展開で迎えた57分に浅野拓磨が自慢のスピードを見せつけた。

自陣へと押し込まれていたボーフムは、ボルシアMGの右WGナタン・エングムにシュートを打たれてピンチを招いた。これをDFベルナルドがブロックすると、そのこぼれ球にFW浅野拓磨がいち早く反応。相手FWと入れ替わってボールを頭で落とすと、そのまま持ち前のスピードを活かしたドリブルで一気に前線へと持ち上がり、カウンターの起点となった。

広告の後にも続きます

このシーンを見たABEMA視聴者は「これはジャガー」「速い」」「浅野ってやっぱり速いよな」「はえぇぇぇぇ」「いいぞ浅野」と、改めて日本代表FWの速さに驚かされている様子だった。

まさに”ジャガー”という異名を持つ男らしいスピードを活かしたシーンだった。ブンデスリーガ公式サイトによると、今シーズン浅野は時速34.62kmの最高速度を記録している。これはスピード自慢で知られるドルトムントFWカリム・アデイェミと並んでリーグ全体37位タイと、29歳になった今でもそのスピードは健在だ。

(ABEMA/ブンデスリーガ)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル