top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

「エースに頼りすぎている」“希望の星”久保建英への過度な依存にソシエダ番記者が苦言「タケが火中の栗を拾う羽目になっている」【現地発】

SOCCER DIGEST Web

「エースに頼りすぎている」“希望の星”久保建英への過度な依存にソシエダ番記者が苦言「タケが火中の栗を拾う羽目になっている」【現地発】(C)SOCCER DIGEST Web
 イスラムの昔話だ。質素な家で母親と暮らしていたアラジンという少年がいた。今日を生きるのが精一杯の中、彼は日々、口に入れる食べ物を探して街の中心部を歩き回った。ある日、洞窟に閉じ込められたとき、ランプを見つけ、それをこすると精霊が出てきて、3つの願いを叶えてくれた。

 この物語をレアル・ソシエダに置き換えると、その願いを叶えてくれる超越した存在たる精霊がタケ・クボ(久保建英)であるのは間違いないが、ここ数試合を見る限り、チームメイトはエースに頼りすぎている。

 ソシエダが序盤にあれほど機能していた本来のサッカーを忘れてしまって久しい。そして身動きがとれず、無力感に苛まれ、妨害され、打ち負かすことができない場面に遭遇するたびに、タケが火中の栗を拾う羽目になっている。

 相手チームは左サイドの守備を強化し、タケが自由にプレーさせないようにすれば、有利に試合を進められることを知っている。冒頭のイスラムの昔話においても精霊が叶えてくれる願いは3つまでだ。
 金曜日はソシエダにとって暗黒の夜だった。マジョルカとのXデーを4日後に控え、ソシエダは混乱状態に陥り、夢いっぱいのはずの未来に疑念を抱かせた。コパ・デルレイ準決勝第2レグに向けて士気を高めるために勝利を収めることほど良いことはなかったし、おまけにこれ以上負傷者を出さないことが必要不可欠だった中、アレックス・レミロの不可解な対応が原因で先制を許した前半のうちにアンデル・バレネチェアとアマリ・トラオレがその新たな犠牲者となった。

 さらに後半開始直後にソシエダの守備陣は容認できないミスの連鎖で追加点を許し、その後、反撃しようにも気持ちが先走りしすぎて、終盤にミケル・メリーノのゴールで1点を返すのが精一杯。アディショナルタイムに敵としてアノエタに帰還したアレクサンダー・セルロトに3点目を奪われ、万事休した。

 バレネチェアの負傷は、ソシエダの攻撃プランを狂わせた。代わりにアルセン・ザハリャンがポジションを上げて左ウイングに入ったが、本来、突破力に秀でた選手ではない。ポゼッションを基調にするソシエダのサッカーにおいて、左右両ウイングは攻撃を加速させ、チャンスを生み出すチームの根幹を担う役割を担っている。しかも、ミケル・オジャルサバルの負傷による欠場が続く間は、CFから良い知らせが届くことは期待できない。
 
【記事】「いない方が強い」「出した時点で諦めたようなもん」敗戦のソシエダ、久保同僚FWに怒りの声!「視野も狭いしやたらこける」

【記事】エムバペの古巣マドリー加入をどう思うか。 “因縁”の久保建英の回答は?「最後に彼と話した時…」
 自ずとタケへの包囲網は強まり、この日の対戦相手のビジャレアルも、対峙するアルベルト・モレーノに加え、周りの選手が常にその動きを注視していた。おまけにタケが仕掛けようというタイミングでオーバーラップを繰り出したトラオレに妨害される場面も少なくなく、なかなか得意の形でドリブル勝負に持ち込むことができなかった。

 そんな中でも、13分、正確なCKでブライス・メンデスのシュートをお膳立てすると、22分にはカットインから左足でシュートを放ちとチャンスに絡んだ。

 後半開始早々にリードを広げられた後もチャレンジ精神を失わずにプレーし続けたが、前述した通り、この日のソシエダは攻撃のアイデアが不足。86分のメリーノの得点シーンを除けば、見せ場は限られた。
【動画】久保の突破が起点となったビジャレアル戦のゴール
 その後はノーチャンスで、元相棒のセルロトがダメ押し弾を叩き込むのを間近で見るしかなかった。タケは「ソシエダでタイトルを獲る」ことを望んでおり、火曜日のマジョルカ戦は、おそらく彼のキャリアの中で最も重要な試合になるだろう。

 タケはチュリウルディンの希望の星だ。彼は自らの力でファンの信頼を勝ち取った。精霊になるとはそういうことなのだ。

取材・文●ミケル・レカルデ(ノティシアス・デ・ギプスコア)
翻訳●下村正幸

「重大なミス」久保所属のソシエダに何が起こったのか。2選手が衝撃の“1点評価”、地元紙が糾弾!「ひどい。問題は考えているよりもはるかに深刻」
 
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル