top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

愛猫が『急にご飯を食べなくなる』5つの原因 すぐに動物病院に行った方がいいケースも

ねこちゃんホンポ

猫が急にご飯を食べなくなる5つの原因

猫がご飯を食べないと、健康上の問題が心配ですし、なにより原因が分からないというのは、飼い主にとっても精神的な負担になります。

ここでは、猫がご飯を拒否するときの一般的に考えられる原因を5つ紹介します。

1.フードの問題

猫が突然食べなくなったときは、フードに「飽きてしまった」か「新しいのはイヤ」のどちらかが考えられます。

長期に渡って、同じものを与え続けていると、猫は飽きてしまうということがあるからです。

逆に、急な食事の変化を好まず、新しいフードに切り替えると突然ご飯を食べなくなるケースもあるので、切り替えるときは要注意です。

広告の後にも続きます

購入したフードのブランドは変更していなくても、原材料の一部や製造方法がリニューアルされていることもあります。

2.食事中のイヤな記憶

食事中にイヤな思いをした経験から、食べるのを拒むようになることもあります。

たとえば、同居しているほかのペットからのちょっかいや不快な匂いや音、訪問者のインターホンでも、食欲不振の原因になることがあります。大きめの地震も考えられます。

猫は飼い主が思っているよりも、食事中の警戒心は強くなるため、一度経験した感情には、強いインパクトが残ります。

そのため、猫が自分で「実害はない」と理解できるまで食べてくれないかもしれません。食事中の環境が問題となっているのであれば、思い切って食事をする場所を変えてみるのも良いかもしれません。

3.おなかが空いていない

猫は季節や気温によって、食事の量に増減がある場合があります。例えば天気や気温の変化によっては、食べることよりも眠っていたいこともあるでしょう。運動量の変化なども気候によってあることもあります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル