top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

伊藤万理華、NHKドラマ初主演決定! 「ずっと大切にしてきたことを未来と重ねながら、少しの感情も逃さずに向き合った作品です」

Pop’n’Roll

伊藤万理華が、5月11日(土)より放送されるNHKドラマ『パーセント』で主演を務めることが決定した。

テレビ局が“多様性”にしっかりと向き合えているのだろうかという疑問からスタートした同作の企画。これまで“当たり前”とされてきた表現も実は誰かを軽んじたり、傷つけたりしていたんじゃないか。そのことを改善しようと、いち早く動いたのがイギリスの公共放送BBCだった。イギリスの公共放送BBCは、性別や障害、人種による差別をなくし、出演機会を増やすため“出演者の○%にマイノリティを起用する”という目標を定め実行。

では、NHKの制作現場は?もっとアップデートできることがあるんじゃないかと、まず初めに行なったのがオーディション。特に今回は“障害のある俳優”を排除することなく起用したいという想いから年齢、性別などの枠を設けずに実施し“出演者に障害者を起用する%を増やすこと”の意味を改めて考えたという。

この物語は、このような気づきや、障害のある方への取材で得たエピソードを反映した、実録ドラマとなっている。これからのテレビ局が“どうあるべきか”という自戒と、“こうしていきたい”という希望を込めた作品、それが『パーセント』だ。人が人を本当の意味で思いやるために、多様性社会を生きるすべての人にお送りする。

“障害のある俳優を起用する”という局の方針に悩みながらも向き合う、若手プロデューサー・未来(みく)を演じるのは、伊藤万理華。そして未来と出会い、ドラマ出演に挑戦する高校生・ハルを演じるのは、オーディションで抜てきされた和合由依。憧れを抱いてドラマの世界に飛び込んだ未来とハル。しかし性別や障害で語られる自らの“価値”に、何度も悩み、傷つきます。それでも、お互いの存在に力をもらって、少しずつ前に進んでいく。そんな彼女たちが、希望を見出す物語だ。

キャスト&コメント

伊藤万理華/吉澤未来役
ローカルテレビ局「Pテレ」の局員。自身が提案した学園ドラマの企画が採用され、プロデューサーとして制作のチャンスを得る。“ドラマの主人公を障害者に”という条件に悩みながらも、取材を始めることに。

コメント
人との距離感に境界線がなくなればいいのに。数年前から、物創りを通して考えていたタイミングで『パーセント』のお話をいただきました。最初は好奇心と恐れで意気込み過ぎていましたが、それは杞憂でした。ハルを演じたユイちゃんの眼差しに何度も胸を打たれ、引っ張られました。頑なにならずもっとシンプルに、素直に対“人”、対“あなた”に精一杯言葉を尽くす。ずっと大切にしてきたことを未来と重ねながら、少しの感情も逃さずに向き合った作品です。ハルと未来の新鮮な煌めきが『パーセント』に詰まっています。未来として『パーセント』を作ることができ幸せです!

伊藤万理華

和合由依/宮島ハル役
俳優を目指す、車椅子の高校生。障害がある俳優たちが所属する劇団『S』のメンバーとして、放課後や休日に芝居の稽古をしている。未来と出会い「Pテレ」が制作するドラマの出演オファーを受ける。

コメント
宮島ハルに出会って、私はこれからを生きていくための力をもらえた気がします。“自分を生きる”ってとても難しい。 何かにもがいてはまた1からスタートして、そのたびに自問自答をくり返して、自分を見つめ直す。人生ってそう簡単に進まない。だからこそ人は生きれば生きるほど強くなる。この作品を通して、宮島ハルを演じて、私は「生きる」ということについて考え直しました。日々成長していくハルと一緒に私も成長できた気がします。泥臭い部分を持ちながらも、1つひとつの出来事と向き合って一生懸命に生きる彼女の姿ものぞきながら、このドラマが誰かにとって“明日も頑張ろう”と思える、背中を押してくれる作品となりましたら幸いです。

広告の後にも続きます

和合由依

大池容子/脚本:
『パーセント』を書くにあたって、プロデューサーの南野さんをはじめとするチームのみなさんと、1年以上、会議や取材を重ねてきました。その中で知ったこと、感じたこと、そして障害のある俳優のみなさんと出会い“この人たちと作品をつくりたい!”という気持ちが湧き上がってきたことを、主人公・未来の視点を通してふんだんに、正直に台詞の中に盛り込みました。アットホームな撮影現場で、スタッフさん、キャストさんが真摯に試行錯誤を重ねて、その想いを具現化してくださいました。ドラマの現場、あるいは世間一般で常識や普通とされているものを疑うような投げかけができればなあ、と思っています。

南野彩子/制作 プロデューサー:
数年前、私は1人の俳優の履歴書を前に頭を抱えていました。その俳優は車椅子に乗っていました。私は思わず、“障害のある人って、撮影現場にお迎えできるんだっけ……”そんなことを考えてしまいました。私のその偏見こそ、彼のような俳優の活躍の場を狭めてきたんじゃないか。そんな想いから、障害のある俳優さんたちを拒むことのない撮影現場を作りたいと、企画を出しました。けれど、撮影の準備を進める中で、何度も“これでいいんだろうか”と立ち止まってしまいました。例えば、障害のある俳優を起用するためオーディションを開催しようとすると、募集要項が書けないんです。“多様性のために”とか“こんな時代だから”とか言葉を並べるほど、なんだか綺麗事を言いたくて人を利用しているような感覚になりました。“障害があるから”という理由で人を選ぼうとしている時点で何か間違っているんじゃないか。そもそもなぜ、障害者と健常者って線を引いているんだっけ……。“あなた”と“わたし”、ただ1対1の関係を築きたいのに、それを阻むものはなんだろう。考えれば考えるほど、自分がどう他者と向き合ったらいいかわからなくなってしまいました。それを業界の話にとどめず、人が人と出会う尊さ、関係を築く難しさ、それでも対話することの大切さ……今を生きる生身の人間の物語として、作り上げてくれたのが、脚本の大池容子さんです。そして主人公・未来を演じるのは伊藤万理華さん。未来はさまざまなモヤモヤを抱えてもがき続ける人物なのですが、そんな未来の気持ちを全身全霊で表現してくれました。さらに、未来に大きな影響を与える人物・ハルを演じるのは、ドラマ初出演の和合由依さんです。彼女の芝居をオーディションで見たとき、“この人と一緒にドラマを作りたい!”と、心が震えました。未来とハル、2人の出会いから生まれたさまざまな感情を、ぜひお楽しみいただけたら幸いです。

土曜ドラマ『パーセント』

放送予定:2024年5月11日(土)放送開始 (全4回)
総合 毎週土曜日22:00〜
BSP4K 毎週土曜日 9:25~
再放送 総合 翌週水曜日 0:35~

作:大池容子
音楽:池永正二
出演:伊藤万理華 和合由依 ほか
制作統括 :櫻井賢 安達もじり
プロデューサー:南野彩子 葛西勇也
演出 :大嶋慧介 押田友太

 
   

ランキング

ジャンル