top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

「最大16時間」利用可能、重量はわずか「35g」!テレワークにも最適な“骨伝導イヤホン”とは?

TOKYO FM+

“一歩先を行く手の届く贅沢”をテーマにした情報紙「ビズスタ」から、社会で活躍するビジネスパーソンのウェルネスなライフスタイルに役に立つ最新情報をお届けするTOKYO FMのラジオ番組「ビズスタ THE REAL WELLNESS」(毎週土曜7:25~7:30)。「ビズスタ」編集長・佐原雅之がパーソナリティをつとめます。2月24日(土)の放送は、フォーカルポイント株式会社の関根厚志(せきね・あつし)さんに、オススメの骨伝導イヤホンを紹介していただきました。


関根厚志さん



佐原:2023年5月から新型コロナウイルスが5類に移行され、陽性者や濃厚接触者の外出自粛が求められなくなるなど、いろいろなことが緩和されましたが、テレワークを実施する企業は、まだまだ多い傾向にあります。そこで今回は、フォーカルポイントの関根さんにテレワークに相応しいイヤホンをご紹介いただきます。

関根:皆さんはテレワークの際、どのようなイヤホンをお使いになっていますか? 私がオススメしたいのは“骨伝導イヤホン”です。その特徴は耳を塞がないこと、これによって長時間つけていても耳が痛くなりません。

なかでもイチオシは、骨伝導イヤホンのパイオニア「Shokz」の最新モデル「OpenCOMM2(オープンコム2)」です。こちらは耳を塞がないオープンイヤーデザインで、折りたたみ式マイクにより、クリアな音質でしっかりコミュニケーションを取ることができます。

デジタル信号処理を備えたノイズキャンセリングマイクによって、周囲の雑音をブロックしながら、使用者の声のみを正確に拾います。また、重量はわずか35gと非常に軽量で、その軽さと絶妙なフィット感からOpenCOMM2を着けていることを忘れてしまうほどです。

バッテリーは最大16時間と長持ちのため、長時間のWEB会議でも活躍します。また、急速充電を搭載し、5分間の充電で約2時間の通話が可能です。さらには、購入日から2年間の安心保証がついております。ぜひお近くの家電量販店でお求めください。

佐原:関根さん、ありがとうございました。私もテレワークで作業をすることがありますので、このヘッドセットはとても参考になりました。


骨伝導イヤホン「OpenCOMM2」



—————————————————-
2月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月3日(日)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
—————————————————-

<番組概要>
番組名:ビズスタ THE REAL WELLNESS
パーソナリティ:佐原雅之(ビズスタ編集長)
放送日時:毎週土曜7:25~7:30
番組サイト:https://audee.jp/program/show/58664
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル