top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

2月は「過食・過眠」になりやすい? 専門家「“寒い、最悪”という口癖から変えるべき」

ABEMA TIMES

 激しい寒暖差によって「心身の不調」が増えているという。

【映像】なぜ2月は「過食・過眠」が増える?

 実際、最近の寒暖差は顕著だ。東京の今月の気温見ると、20日は最高気温が23.7度まで上昇したが、その後は徐々に寒くなり、23日には最高気温が4度まで下がった。

 『ABEMAヒルズ』では、寒暖差が心と体に及ぼす影響について精神科医の木村好珠氏に聞いた。

━━なぜ、寒暖差によって「心」も疲れてしまうのか?

広告の後にも続きます

「我々の体温を一定に保っている自律神経が寒暖差で消耗してしまうと体の不調が生じてしまう。一方で体と心は繋がっているため、体の不調が気分の落ち込みなどといった心にも影響を与えてしまうのだ。ちなみに、不調と聞くと不眠・食欲不振などをイメージすると思うが、特に2月は反対の過眠・過食が起こりやすい傾向にある」

━━過眠・過食にはどのような対策が有効か?

「体が体温調節などで疲れているため、休むことが大切だ。だが、休んでも症状が続く、生活に支障をきたすという場合は、クリニックなどを受診した方がいい」

━━寒暖差で不調になる人は増えているのか?

「私の周囲では『寒暖差によって病院に行くほど不調だ』という方は少ないが、『いつもより疲れやすい』『風邪を引いた』『なぜか体調が悪い』という方はかなり多い」

━━寒暖差による不調にはどういった対策が有効か?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル