top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ

テニス365


メドベージェフ(全豪OP)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで26日に開幕するドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)は本戦のドローを公開。前年王者で世界ランク4位のD・メドベージェフが第1シードとして出場する。

>>西岡 良仁vsボルジェス 1ポイント速報<<

>>ダニエル 太郎vsデ ミノー 1ポイント速報<<

28歳のメドベージェフは先月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で準優勝を飾ったものの、その後は右脚の負傷により昨年優勝を果たしたABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)とカタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ、 ハード、ATP250)を欠場した。

怪我の具合が心配されていたメドベージェフだったが、26日に開幕するドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権で約1ヵ月ぶりに実戦に復帰することが決まった。

1回戦では同47位のA・シェフチェンコ(カザフスタン)と顔を合わせる。

今大会の第2シードはA・ルブレフ、第3シードはH・フルカチュ(ポーランド)、第4シードはK・ハチャノフ、第5シードはU・アンベール(フランス)、第6シードはA・マナリノ(フランス)、第7シードはA・ブブリク(カザフスタン)、第8シードはA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)。

メドベージェフは今大会後、3月には昨年準優勝のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)と昨年優勝のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)への出場を予定している。

すでに今月、昨年優勝した2大会を欠場しポイントを失っているため、ここからのポイント失効は抑えたいところだ。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル