top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

崎陽軒のスゴさは「革新」と「挑戦」にあり!【みんなが知らない、シュウマイの実力】

週プレNEWS


ほぼ毎日シュウマイを食べ続け、日本シュウマイ協会を作るに至ったシュウマイ潤氏

新連載【日本シュウマイ協会会長・シュウマイ潤の『みんなが知らない、シュウマイの実力』】第1回

こんにちは。シュウマイ研究家のシュウマイ潤です。みなさん、最近シュウマイを食べたのはいつですか? 多くのかたは、いつ食べたか覚えていないでしょう。

日々シュウマイを食べ続け、2024年1月現在、食べたシュウマイの種類は累計2000種にも及びそうな私ですが、残念ながらシュウマイの地位がマイナーであることは否定しません。

そのため世の多くの人は、日頃シュウマイを食べたり、シュウマイについて考えを巡らせたりすることはないでしょう。それは仕方ないのですが……その限られた情報とイメージだけで「シュウマイはマイナー」と決め付けられることについては、苛立ちを感じます。

そういう「シュウマイはマイナー」と話す人たちに、改めて私が食べてきた2000種から得た経験や分析結果などを伝えると、ほとんどのかたが「シュウマイの印象が変わった」「シュウマイが食べたくなった」と言ってくれます。

広告の後にも続きます

マイナーとは言え、日本におけるシュウマイの歴史は奥深く、特にここ数年はZ世代と呼ばれる人たちも集うような、トレンド的な要素も含む個性的かつ質の高いシュウマイ店も多数出てきています。

そうした「本当のシュウマイの実力」を、世の方々はあまりにも知らない! 逆に言えば、その実力を知る機会が増えれば、マイナーと言われるシュウマイの地位が少しでも変わっていくのではないかと考え、この連載を始めたいと思いました。


2028年に誕生100周年を迎える「昔ながらのシウマイ」。実は当時のシュウマイの常識を変えるかなり挑戦的なシュウマイだった。ちなみに崎陽軒は、「シュウマイ」を「シウマイ」と表記する(写真提供/崎陽軒)

「本当のシュウマイの実力」を知ってもらう上で、もっとも分かりやすい事例が崎陽軒です。

崎陽軒は、シュウマイ業界を代表する老舗企業というイメージを持つ人が大半でしょう。ですが実は、常に「革新」「挑戦」を続けてきた『シュウマイ業界の革命児』でもあります。

崎陽軒のスタートは1908年(明治41年)。横浜駅構内の売店として創業します。そして1928年(昭和3年)、今も販売され続けるロングセラー「昔ながらのシウマイ」が誕生します。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル