top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇

テニス365


優勝を果たしたバエス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのリオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)は25日、シングルス決勝が行われ、第5シードのS・バエス(アルゼンチン)が予選から出場した世界ランク113位のM・ナヴォーネ(アルゼンチン)を6-2,6-1のストレートで破ってツアー5勝目をあげた。「ATP500」では初タイトルとなる。

>>ダニエル 太郎らアカプルコ組合せ<<

>>西岡 良仁 アカプルコ予選決勝 1ポイント速報<<

2022年に1つ、2023年には3つのタイトルを獲得し世界ランクは現在30位を記録している23歳のバエスだが、獲得トロフィーはいずれも「ATP250」。今回はその1つ上のカテゴリーである「ATP500」の制覇に挑んだ。

今大会は1回戦で世界ランク147位のC・ムーテ(フランス)、2回戦で同59位のF・ディアズ=アコスタ(アルゼンチン)、準々決勝で同117位のT・モンテイロ(ブラジル)、準決勝で第4シードのF・セルンドロ(アルゼンチン)を下して決勝に駒を進めた。

決勝戦、バエスはファーストサービスが入る確率で79パーセントを記録。予選から勝ち上がってきた勢いのあるナヴォ―ネに2度ブレークを許したものの、リターンゲームではそれを上回る6度のブレークに成功し、1時間22分で勝利した。

ツアーでのタイトルは昨年8月のウィンストン・セーラム・オープン(アメリカ/ウィンストン・セーラム、ハード、ATP250)以来 約6ヵ月ぶり5勝目となる。

一方、敗れた22歳のナヴォ―ネはツアー初の決勝の舞台を戦ったが、優勝を飾ることはできなかった。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル