top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ

テニス365


本玉真唯(画像は全豪OP)
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのCymbiotika サンディエゴ オープン(アメリカ/サンディエゴ、ハード、WTA500)は25日、シングルス予選決勝が行われ、予選第5シードの本玉真唯が予選第9シードのD・ガルフィ(ハンガリー)を7-6 (7-4),6-4のストレートで破り、本戦入りを果たした。

>>ダニエル 太郎らアカプルコ組合せ<<

>>西岡 良仁 アカプルコ予選決勝 1ポイント速報<<

2試合に勝利すると26日に開幕する本戦への切符が手に入るこの予選。

24歳で世界ランク118位の本玉は予選1回戦で同254位のD・パパミヘル(ギリシャ)を6-3,6-4のストレートで破り、予選決勝に駒を進めていた。

この試合、本玉はファーストサービスが入る確率で76パーセントを記録。ガルフィに対し11度のブレークポイントを握られたものの、ブレークを4度に抑える粘りを見せた。

リターンゲームでは13度のブレークポイントのうち5度決め切り、1時間59分で本戦入りを決めた。

本戦1回戦では世界ランク39位のK・シニアコバ(チェコ)と対戦する。

今大会の第1シードはJ・ペグラ(アメリカ)、第2シードはB・ハダッド=マイア(ブラジル)、第3シードはE・ナヴァッロ(アメリカ)、第4シードはA・パブリュチェンコワ。上位4シードは1回戦免除のため2回戦からの登場となる。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル