top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

頂上作戦で本部解体も…。北九州の最凶ヤクザ「工藤会」の残党が全国展開中

週プレNEWS

警察関係者によると、前出の工藤会傘下組織については、中国人残留日本人の2世らを中心とした暴走族を発祥とし、警察庁に「準暴力団」にも指定されている半グレ組織「怒羅権(ドラゴン)」との連携も疑われているという。

「怒羅権の一部のメンバーは、振り込め詐欺やヤミ金、違法薬物の売買、管理売春などをシノギにしているが、なかにはヤクザと組んでそれらのシノギをかける者もいる。長谷川組の傘下組織が勢力を張る新小岩は怒羅権の勢力圏でもあり、両者が手を組んでいる可能性は高い」(同前)

■警察官すらも毒牙に

本拠地の北九州ではカタギにも手を出す仁義なき組織として恐れられた工藤会だが、関東では警察官すらカモにする事件を起こしている。

昨年1月、千葉県柏市でマッチングアプリで知り合った女性と飲酒した20代の警察官から現金160万円を脅し取った恐喝の容疑で、千葉県警が長谷川組の22歳の組員らを逮捕している。警察官は組員とともに逮捕された女性と飲酒後、誘われるままに車に乗り、赤信号で追突事故を装ってカネを脅し取られた。

現役警察官で事故飲酒運転が発覚すれば、一発で懲戒免職となってしまうリスクがある。組員らはそうした弱みを見透かしており、法外なカネを吹っかけてきた模様だ。捜査当局は女性も組員とグルになって犯行に及んだとみており、典型的な「美人局」の手法だといえる。

広告の後にも続きます

「マッチングアプリを使った、この種の手口の美人局による被害はこの一件だけではない。工藤会系の組員が身柄を取られたことも偶然ではなく、犯行のノウハウが周辺で回っている可能性が極めて高い。県内で、若い世代にまで工藤会が浸透してきているのは間違いない」

そう断言するのは、暴力団事情に詳しい前出の周辺者である。

ヤクザ社会で徐々にその存在感を高めつつある工藤会の残党たちは、社会の裏側で、どのような地殻変動をもたらすのだろうか。

文/安藤海南男 写真/時事通信社

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル