top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

頂上作戦で本部解体も…。北九州の最凶ヤクザ「工藤会」の残党が全国展開中

週プレNEWS


10年前に、餃子の王将の運営会社の社長が銃殺された事件では、工藤会傘下の二次団体「石田組」の幹部が実行役として起訴されている。写真は当時、事件現場を捜索する京都府警
「あんた、生涯このことを後悔するぞ」。

2021年8月、福岡地裁で極刑を宣告された老年の男は、裁判長にそう言い放った。一般人にも危害を加える過激な手法から、全国で唯一の「特定危険指定暴力団」に指定された工藤会の総裁で、自らも殺人が問われている野村悟被告だ。その後野村被告は控訴し、3月に下される控訴審判決を待つ身である。

また、同組織のナンバー2と3にあたる会長と理事長も、市民襲撃に関わったなどとして一審で無期懲役の判決を受け、現在も控訴審が続いている。

彼らが囚われの身となったのは、警察庁の号令によって2014年に開始された「頂上作戦」の結果である。トップ3の不在が続く同組織では、2020年に北九州市にあった本部事務所が解体されたほか、組員の離脱も相次いでおり、組織は壊滅寸前の状態にある、と思われてきた。

ところが、「最凶ヤクザ」の命脈がまだ尽きていないことをうかがわせる事件が各地で頻発しているのだ。


2010年、福岡県のビル発砲事件で家宅捜索を受けた野村被告の自宅
■全国に散らばる工藤会残党

広告の後にも続きます

1月30日付の「朝日新聞デジタル」は、「傘下『拠点』も」と題して、千葉県内で活動を活発化させる同組織の動きを報じている。

報道によると、同組織傘下の組員ら35人が2023年6月、千葉県栄町の飲食店に押し入り、男性客を襲撃。全治6カ月の重傷を負わせたのだという。

2022年2月には、読売新聞デジタルが大阪の繁華街ミナミで覚醒剤の密売を繰り返していた同組織の幹部らの犯行を報じ、「福岡県外での覚醒剤密売を繰り返している」と警鐘を鳴らしていた。

しかし、実は工藤会の県外進出の動きは今に始まった話ではない。

「県外で活動を活発化させているのは、主に工藤会の二次団体・長谷川組の傘下組織です。長谷川組は10年以上前の総裁が健在のころから関東に進出し、勢力を伸ばしていた。なかでも存在感が際立っているのが、千葉県松戸市に本拠を置く三木組です。

勢力圏は松戸にとどまらず、新小岩や錦糸町など都内にも浸食している。組織に所属しない半グレらを巧みに使い、捜査当局の監視の目をかいくぐって組織を強固なものにした。かなりの資金力があり、組長は上部団体で若頭も務める実力者だ」(暴力団事情に詳しい周辺者)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル