top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

伊藤博文よりも「初代宰相」にふさわしい?明治初期の政治家・三条実美は隠れた大物政治家だった

Japaaan

「空白の18年間」の宰相は?

幕末から明治期にかけての重要人物を挙げよ、と言われたら、皆さんは誰が思い浮かぶでしょう? 徳川慶喜、大久保利通、西郷隆盛、伊藤博文……。おそらくさまざまな名前が出てくると思います。

実は、おそらくほとんど誰もが名前を挙げないと思われる人物で、「忘れられた最重要人物」がいます。もちろんそういう人も細かく取り上げればたくさんいるのですが、ここでご紹介したいのは三条実美(さんじょう・さねとみ)という人物です。

三条実美(Wikipediaより)

そもそもの疑問として、近代日本の歴代宰相について考える場合、初代は伊藤博文ということで本当に合っているのか、というのがあります。

確かに、伊藤博文は「初代内閣総理大臣」です。しかし総理大臣の職が設けられたのは明治18年のこと。王政復古の大号令によって明治新政府が発足してからの18年間、総理大臣にあたる「宰相」は誰もいなかったのか? と疑問があってもおかしくはありません。

広告の後にも続きます

「宰相」とはもともとは中国の言葉で、天子を助けて政治を行った官のことを言います。

よって考え方としては、職名が内閣総理大臣ではなくとも、王政復古以降の18年間、明治政府の最高権威だった明治天皇の下で政治を執り行ったのは誰だったのか、という話になります。

そんな話の中で見逃すことのできない重要人物が、公家出身の三条実美なのです。

新体制の中の三条と岩倉

大政奉還から王政復古までは二か月間の空きがありましたが、まだこの時明治新政府は体制が整っていませんでした。実質、まだ江戸幕府が政府として機能していたのです。

この時期、政治の中心的存在だったのはもちろん天皇であり、その下には摂政の二条斉敬、征夷大将軍の徳川慶喜、老中筆頭の板倉勝静がいるという構図でした。この時、誰が「宰相」だったのかは何とも言えません。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル