top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

「本当に恐ろしかった」東京五輪の女王を追い詰めた15歳・張本美和に中国メディアも驚愕!「陳夢を倒すチャンスがあった」【世界卓球】

THE DIGEST

「本当に恐ろしかった」東京五輪の女王を追い詰めた15歳・張本美和に中国メディアも驚愕!「陳夢を倒すチャンスがあった」【世界卓球】(C)THE DIGEST
 卓球の世界選手権団体戦9日目は2月24日、韓国の釜山で女子決勝が行なわれ、日本は中国に2-3で敗れ、5大会連続の銀メダルを獲得。1971年大会以来53年ぶりの優勝はならなかった。

 この日は、張本美和(木下グループ)、早田ひな(日本生命)、平野美宇(木下グループ)の“パリ五輪代表トリオ”でオーダーを組み、試合に臨んだ。世界ランキング16位の美和は、第1試合で同1位の孫穎莎、第5試合で同3位の陳夢と激突。格上の相手に必死に食らいついた。

 惜しくも勝利はならなかったものの、中国を相手にあと一歩のところまで上り詰めた。美和の勇姿を会場で見守っていた兄の張本智和(智和企画)は、自身のインスタグラムのストーリーで「15歳で世界チャンピオンがかかった試合であれだけのプレーができるのは本当に誇りです。全てが将来のための大切な経験。どんな負けにも意味がある。未来は必ずあなたのものです」と15歳の健闘を称えた。
  この智和のストーリーに中国メディア『捜狐』も反応。「この世界卓球選手権の女子団体決勝は、中国がフルゲームの末に3-2で勝利したものの、試合内容は本当に恐ろしかった。特に第5試合の第1ゲームで張本美和が11-4で陳夢を圧倒したときには、中国のファンも絶望に陥っていた」と東京五輪金メダリストの陳夢が美和に追い詰められた衝撃を伝えている。

 続けて、同メディアは「試合全体を見てみると、張本美和の活躍は目覚ましいものがあった」と顕著な成長ぶりを称賛したうえで、「しかし、彼女はまだ若く、大舞台での経験が少ないため、緊張しているように思えた。そうでなければ、本当に陳夢を倒すチャンスがあった」と伝えている。

 7月に開幕するパリ五輪への切符を兄の智和とともに掴んだ美和。“天才兄妹”がみせる圧巻パフォーマンスに注目したい。

構成●THE DIGEST編集部



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル