top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

「監督は何をしている?」「このろくでなし!」世界卓球で日本女子にフルゲームの“苦戦”を強いられた中国代表に母国憤慨!「解任されるべきだ」

THE DIGEST

「監督は何をしている?」「このろくでなし!」世界卓球で日本女子にフルゲームの“苦戦”を強いられた中国代表に母国憤慨!「解任されるべきだ」(C)THE DIGEST
 卓球の世界選手権団体戦9日目は2月24日、韓国の釜山で女子決勝が行なわれ、世界ランク2位の日本は同1位の中国に2-3で敗れ、5大会連続の銀メダルとなった。
【PHOTO】早田ひな、伊藤美誠、平野美宇、張本美和…女子卓球界が誇る“異次元の天才”たちを一挙にチェック!

 準決勝までオールストレート勝ちで駆け上がって来た日本は、この日は張本美和(木下グループ)、早田ひな(日本生命)、平野美宇(木下グループ)の“パリ五輪代表トリオ”を採用。第2試合で早田、第3試合で平野が白星を飾り、1971年大会以来53年ぶりの頂点に王手をかけたが、第4、5試合を落とし、またしても苦杯をなめた。

 敗れたものの、日本にとっては収穫のある試合となった。リザーブに回った伊藤美誠(スターツ)も「過去最高に中国を苦しめた」と唸るほど、手応えを感じる内容だった。一方、卓球王国の中国は焦りを隠せないようで、母国メディア『捜狐』は「王芸迪は平野に0-3でストレート負け。陳夢も早田に1-3で敗戦! 馬琳監督は何をしている? 王曼昱はどこいった?」と怒りの声を上げた。

 かねてより同メディアは「中国は孫穎莎、陳夢、王曼昱の主力3選手が重要な任務を任される可能性が高い」と予測していた。だが、当日発表されたオーダーに世界ランキング4位の王曼昱の名前はなかった。馬琳監督が日本とあまり相性の良くない同2位の王芸迪を送り込んだことや、フルゲームの苦戦を強いられたことに対し、中国のファンからは様々な反応が寄せられている。
 「馬琳はなんて無能なんだ」
「お前は解任されるべきだ」
「このろくでなし!」
「なぜ王曼昱を戦わせないのですか?」
「王芸迪には全く無理だ」
「王芸迪が負けたとき、あなたはなんと声をかけた?」
「次は王曼昱を使え!」
「陳夢が15歳の張本美和に負けそうになったのが何より心配だ」

 パリ五輪開幕まであと5か月。打倒中国に向けて勢いを加速し続ける日本女子に期待せずにはいられない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「日本女子は残酷すぎる!」平野美宇らが0点完封。卓球界の“暗黙ルール”に中国メディアが言及!「まったく問題ない」

【関連記事】張本智和との一戦で怒ったオーストリア選手がボールを蹴ろうとする蛮行→すかさず水谷隼氏が「イライラは演技です」と衝撃解説!【世界卓球】

【PHOTO】3大会連続の五輪メダル!「強さ」と「美しさ」を兼ね備えた石川佳純の歴代厳選フォトを一挙公開!
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル