top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退

テニス365


全豪OPでの望月
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)は24日、シングルス予選1回戦が行われ、世界ランク138位の望月慎太郎は予選第3シードのR・ヒジカタ(オーストラリア)に4-6,6-2,4-6のフルセットで敗れ、初戦敗退となった。

>>西岡 良仁vsルビオ フィエラス 1ポイント速報<<

2試合に勝利すれば26日に開幕する本戦への出場が決まる予選。

両者はツアーレベルでの対戦はないものの、昨年2月のテキサス・テニスクラシック(アメリカ/ウェーコ、ハード、ATPチャレンジャー)1回戦で1度顔を合わせており、そのときは望月が逆転で勝利している。

この試合は序盤からブレークの奪い合いとなる。望月は第2ゲームで先にブレークするも、第3・第5ゲームとブレークを許し4ゲームを連取され逆転される。第8ゲームではブレークバックし1度は追いついたが、直後の第9ゲームでこのセット3度目のブレークを奪われ第1セットを落とした。

第2セットも同様に序盤からブレーク合戦となるが計3度のブレークに成功した望月がセットカウント1-1に追いつく。ファイナルセットではストローク戦のなかで積極的にネット際へ移動。ボレーを決めるなど望月がリズム良くポイントを奪い、第2ゲームで先にブレークする。

しかし、第5ゲームで3度目のブレークポイントを凌ぎ切れず挽回されると流れはヒジカタに。ゲームカウント4-4で迎えた第9ゲームでブレークを許し、2時間31分で力尽きた。

勝利したヒジカタは予選決勝で第6シードのA・コバチェビッチ(アメリカ)と対戦する。コバチェビッチは予選1回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場した世界ランク400位のN・メヒア(コロンビア)を下しての勝ち上がり。

また、同日には予選第4シードの西岡良仁も登場し、1回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場する世界ランク824位のA・ルビオ フィエラス(メキシコ)と対戦する。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル