top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

『寝起きが悪い猫』の行動4つ もしかしたら不調のサイン?

ねこちゃんホンポ

寝起きの悪い猫にみられる行動パターン4つ

1. 起きたがらない

寝起きが悪い猫の代表的な行動は、起きたがらないことです。飼い主に起こされても、なかなか起き上がろうとしなかったり、起きてもすぐにまた寝てしまったりすることがあります。

まるでぬいぐるみのように、何をしても目を開けずに動じず、「眠る」ことを貫き通す猫はまず「寝起きの悪い猫」の可能性があるでしょう…。

2.ひとりになりたがる

猫は寝起きが悪いと、ひとりになりたがることもあります。「ちょっと眠いから構わないで~」と言いたそうに…。もしくは「邪魔されない静かな場所を探そう」とでも思っているのでしょう。

このようなときは無理にからもうとする必要はありません。猫が自ら出てくるまで待っていましょう。しっかり目が覚めれば、そのうち通常モードになります。

3. 目を細めている

寝起きが悪い猫は、目を細めていることもあります。

広告の後にも続きます

起こされたものの「まだ眠いから目を開けられない」といった状態。人でも起床後目を開けられない人も多いでしょう。それと同じ状況だと思ってください。

目を細める猫は二度寝をするパターンが多く、ご飯やおやつといった特別なことがない限り張り切って起きてくることが少ないです。

4. 元気がない

寝起きが悪い猫は、元気がないことも少なくありません。起きた後もいつもより動きが鈍かったり、遊んだりご飯を食べたりすることに意欲が低かったりする場合、病気やケガなどの不調が原因である可能性もあります。

猫の寝起きが悪い原因

生まれ持った性格

人でも寝起きが悪い人・いい人がいるように、猫にもそれぞれ寝起きの良し悪しはあります。そのため単純に起きるのが苦手で、寝起きが悪くなってしまっているというケースは多いものです。

この場合は飼い主が特別気にしなければいけないことはありません。その子の個性だと思って受けとめましょう!

体調が悪い

懸念すべきは、猫の寝起きの悪さが「体調が悪い」ことが原因であるケースです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル