top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

猫の正しい『抱き方』とは?愛猫が安心して体をあずけてくれる5つのコツ

ねこちゃんホンポ

猫が安心する「抱き方」のコツとは

猫は拘束されることや、自分のペースを乱されることが苦手な動物です。ましてや抱っこはもってのほかでしょう。日々の生活の中で、抱っこに苦戦する飼い主さんも多いのではないでしょうか。

猫を飼っていれば、状況によってはどうしても抱っこせざるを得ない場面も登場します。いざという時に愛猫を抱っこできなければ、大変なことになってしまうかもしれません。

しかし猫が抱っこを嫌うのは拘束されたくないばかりではなく、もしかしたら「抱き方」に問題があるのかもしれません。実は、ちょっとしたコツを掴めばより抱っこがしやすくなるのをご存じでしょうか。

そこで今回は、猫の正しい「抱き方」や猫が安心して体をあずけてくれるコツを伝授いたします。愛猫の抱っこに苦戦している飼い主さんはぜひ確認してくださいね。

1.飼い主さんが低い姿勢を取る

猫を抱き寄せる際、まるで捕獲するかのように高い位置から持ち上げようとすると警戒されてしまいます。

広告の後にも続きます

そのような方法をしてしまうと愛猫にそのまま逃げられてしまい、せっかくの抱っこのチャンスを失ってしまうでしょう。

この失敗を防ぐには、飼い主さんご自身が愛猫の近くで低い姿勢を取ることが大切です。

2.そっと抱き寄せる

飼い主さんの姿勢が整ったら、まずは猫がお座りをしているところを抱き寄せてみましょう。

利き手と反対の手を猫の両脇に入れる そのまま上半身を持ち上げる 利き手でお尻を支えるように抱っこする

この方法であれば、お互いの体を密着させることができます。しっかりと安定するため、猫側も安心して身を委ねることができるでしょう。

3.首をつまんで抱き寄せる

猫が眠っている場合や、香箱座りをしている場合は、別の方法で抱き寄せます。

利き手で首(うなじ)を掴み上体を浮かせる 浮いた脇に反対の手を添えて抱き寄せる 利き手でお尻を支えて固定する

最終的な抱き方の姿勢は、常に同じです。その時々の猫の体勢に合わせて、抱き寄せ方を変えていきます。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル