top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

“ワイン通”っぽくなれるだけでなく、「味わい」にも影響する?…自宅に揃えたいワイングッズ【ワインエキスパートが解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

「ワインはハードルが高い…」と考える人は少なくないでしょうが、その要因の1つがコルク栓だとしたらもったいない! 初心者でも簡単に開栓できるグッズは数多くありますし、それらがテーブルに並べば一気に“ワイン通”っぽくもなれるのです。本記事は、Tamy氏の著書『世界一おいしいワインの楽しみ方』(三笠書房)より一部を抜粋し、ワインをより身近に楽しむためのワイングッズの数々を、イラストとともに紹介していきます。

熟成を助けるコルクの役割

コルク樫()の樹皮をはいで、加工したものがコルクです。弾力性があり、水に強くほとんど空気を通さないので、ワインの長期保存に適しています。高級ワインほど長期熟成させるため、コルクは長くなるものです。

コルク栓は天然素材であるため、細菌汚染されていることがあり、塩素消毒で化学反応を起こしてコルク臭(ブショネ)の原因となることがごく稀にあります。レストランなどで行うテイスティングは、このコルク臭や劣化がないか、健全なワインなのかを確認するために行う作業です。

一口に「コルク」と言っても、形状・材質はさまざま

コルク栓以外では、コルクのチップを固めた圧縮コルク栓や、シリコンなどで作られた合成栓、最近ではスクリューキャップもよく使われています。これらはコルク臭のリスクがなく、コストが抑えられるのが大きなメリットです。

「スクリューキャップ」や「王冠」が用いられることも

特にスクリューキャップは、空気を通さず乾燥を気にする必要がない上に、オープナーがなくても簡単に開けられるため、現在世界中のワインで採用されるようになっています。

あると便利なワイングッズ

広告の後にも続きます

世界的にスクリューキャップは増えつつありますが、ボルドーブルゴーニュといった銘醸ワインはもちろん、まだまだコルク栓を使っているワインが主流です。

とはいえ、「ワインはハードルが高い……」と思う理由が、コルク栓だとしたらとてももったいない話。使いやすいワインオープナーを1つ用意するだけで、コルク栓のワインも非常に手軽に扱えるようになります。

ワインオープナーには、T字型ソムリエナイフウイング式スクリュープル、穴を開けずにコルクを抜く二枚刃式などがありますが、まずはざっくりとそれぞれの特徴を紹介しましょう。

ソムリエナイフは、コルクスクリューとキャップシールなどをはがすナイフが一体となったタイプのもの。レストランやワインバーなどでソムリエが開栓する姿は、儀式のような雰囲気があり、飲む前からワクワクさせてくれますね。

ソムリエナイフで有名なブランドは、フランスの「シャトーラギオール」。ハンドルの部分に、木や水牛の角などが使われており工芸品のような佇まいです。

さまざまなワインオープナー

とはいえ、ソムリエナイフは上手く扱うのにコツがいるため、あまり初心者向きではありません。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル