top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

ホンダの次世代EV「ゼロシリーズ」が成功するカギとは?

週プレNEWS


今年1月に開催されたCESで世界初公開された「ホンダゼロシリーズ」について説明する本田技研工業の三部月敏宏社長
今年1月、ホンダは2026年にグローバル展開するEV(電気自動車)の試作車をアメリカで初公開した。この次世代EVは成功するのか? カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

*  *  *

■2026年からグローバル展開

――今年1月10日、米ラスベガスで開催された世界最大級のテクノロジー機器の見本市「CES2024」で、ホンダが新しいEV(電気自動車)を公開して話題を呼びました。

渡辺 ホンダゼロシリーズですね。ホンダは2040年までに内燃機関を全廃し、新車のすべてをEVとFCV(燃料電池車)にする目標を掲げています。ゼロシリーズはそこに含まれるモデルですね。

――具体的にはどんなEV?

広告の後にも続きます

渡辺 コンセプトモデルですが、ホンダはゼロに戻り、駆動用電池を含めた薄型プラットフォームに取り組むと。要するに厚くて重いEVからの脱却を目指します。ゼロシリーズには2車種が用意され、「サルーン」はスーパーカーのように外観が鋭角的ですが、後席は備わっている。また、駆動用電池を搭載しながら床と天井を低く抑えているのが特徴です。


ホンダゼロシリーズのコンセプトモデル「サルーン」
ホンダゼロシリーズのコンセプトモデル「スペースハブ」
――SNSには「フロントマスクが脱毛器みたいだ」という声も飛んでいましたね。

渡辺 ショーモデルですから見た目は個性的です。そういう意味では、もう一台の「スペースハブ」も弾けたデザインで、後ろ姿は食パンを連想させます。ちなみに開発のテーマは「暮らしの拡張」で、広い室内とガラスルーフなどによる見晴らしの良さが特徴です。自動運転の機能を備えたEVミニバンで、「人と社会を繋ぐハブになり共鳴を生み出す」とのことです。

――気になるのはホンダのEV戦略です。ホンダはゼロシリーズを公表する一方で、コンパクトEVのホンダeを廃止しました。

渡辺 ホンダeは20年10月に発売され、今年1月に生産を終えたため、設定期間は実質3年少々と短いですね。

――短命の理由はなんですか?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル