top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

激闘の第1セット制しツアー6勝目

テニス365


優勝を果たしたカレン・ハチャノフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのカタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ、 ハード、ATP250)は24日、シングルス決勝が行われ、第2シードのK・ハチャノフがワイルドカード(主催者推薦)で出場した世界ランク116位のJ・メンシーク(チェコ)を7-6 (14-12),6-4のストレートで破り、今シーズンツアー初優勝を飾るとともに、シングルスツアー6度目のタイトルを獲得した。

>>西岡 良仁vsルビオ フィエラス 1ポイント速報<<

>>望月 慎太郎vsヒジカタ 1ポイント速報<<

27歳のハチャノフは今大会、初戦の2回戦で世界ランク60位のF・マロジャン(ハンガリー)を下し8強入り。準々決勝では同43位のE・ルースブオリ(フィンランド)と顔を合わせたが、ルースブオリが途中棄権したため準決勝に駒を進めた。準決勝では同46位のA・ポピリン(オーストラリア)をストレートで破っている。

一方、18歳のメンシークは1回戦で第5シードのA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)、2回戦で世界ランク50位のA・マレー(イギリス)、準々決勝で第1シードのA・ルブレフ、準決勝で同68位のG・モンフィス(フランス)を下す快進撃を見せ決勝進出を決めた。

決勝戦の第1セット、互いにブレークを奪えずにタイブレークに突入すると、ミニブレークを2度ずつ取る一進一退の攻防に。シーソーゲームとなるなか、ハチャノフは4度のセットポイントを凌ぎ、自身4度目のセットポイントをものにした。

1時間を超えた第1セットを先取したハチャノフは第2セット、第1ゲームでこの日両者を通じ初のブレークに成功し先行する。その後はサービスゲームではファーストサービスが入ったときに77パーセントの確率でポイントを獲得するなどメンシークにブレークポイントを与えることなく勝利。1時間50分で昨年9月の珠海選手権(中国/珠海、ハード、ATP250)以来となるツアートロフィーを掲げた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはハチャノフのコメントが掲載されている。

「どのタイトルも特別なものだ。毎回勝ちたいんだ。僕たちは1シーズンに約22のトーナメントを戦い、最終的には毎週戦っている。ここドーハは、最も素晴らしいトロフィーのひとつだよ。

敗れたメンシークは上位シードやマレー、モンフィスなどを破る勢いを持って決勝まで駒を進めたが、あと一歩タイトルには届かなかった。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル