top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

天皇皇后両陛下 3月下旬に能登半島の被災地をご訪問へ…懊悩され続けた“現地への負担”

女性自身

2月21日、天皇陛下と雅子さまが能登半島地震で被災した石川県を3月下旬に訪問される方向で調整が進められていることが一斉に報じられた。陛下は、これまで警視庁創立150周年の記念式典、天皇誕生日の一般参賀でのおことばなど、折にふれて能登地域の人々を見舞われるお気持ちを示されてきた。

 

「元日の発生直後から、両陛下は能登半島地震の被災地を訪問したいというご意向を示されてきました。ただ、“訪問が災害対応の支障になってはならない”とも一貫して考えられていて、石川県内、特に能登半島の復旧状況を常に気にかけられています。

 

1月2日に予定されていた新年一般参賀も取りやめられ、天皇陛下のお誕生日に執り行われる一般参賀も中止するかどうかお悩みになっていたのです。

広告の後にも続きます

 

地震の犠牲となった人々やその遺族、避難所での生活を余儀なくされている被災者へ寄り添いたいというお気持ちを、両陛下は片時もお忘れにならずにお持ちになっていたようにお見受けしています」(宮内庁関係者)

 

2月5日に、天皇陛下は御所で広木謙三・政策研究大学院大学教授のご進講を受けられた。水をテーマにした研究を続けられている陛下は、国土交通省出身で国際機関でのキャリアがある広木氏を相談役としてきた。

 

「この日の話題は、津波や土砂崩れ、上下水道の被害をはじめとした能登半島地震の被害状況に関するものでした。ご進講は、通常よりも長い1時間半に及んだそうです。雪の降る寒い季節に、トイレも使えなくなる厳しい被災地の状況について会話が及ぶと、強く心を痛められていたご様子だったと……」(前出・宮内庁関係者)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル