top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

7浪して医学部、国会試験に2回落ちて53歳で医師になった女性「それでも諦めなかった理由」

女性自身

【前編】7浪して53歳で医師に! 貴子先生語る「小中学校ではずっとクラス最下位でした」より続く

 

現在、愛知県で活躍している医師の新開貴子さん(58)は、異例の経歴の持ち主だ。彼女が医師になったのは、なんと53歳のとき。まだ、5年目の医師なのだ。

 

そんな彼女が医師になるまでのドラマを追う(全2回の2回目)。

広告の後にも続きます

 

■36歳でママ受験生に。搾乳しながら試験を受けた

 

短大を経ていったん東京で就職するも、体を壊し、地元の島根県に帰ってきた貴子さん。臨床心理士を目指し、2年間にわたりアルコール障害や摂食障害のセルフミーティングに関わるなかで、医師になりたいという夢が生まれる。すでに貴子さんは32歳のときだ。

 

しかし、その直後に、自分の夢をいちばん応援してくれた父が帰らぬ人になってしまう。父のためにも、医師になることを決意するが、そこからの道のりは険しいものだった。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル