top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「陳夢に初勝利の早田ひなは、大きな自信を持つだろう」優勝した中国のメディアがパリ五輪に向け、日本のエースを要警戒「最大の脅威だ」【世界卓球】

THE DIGEST

「陳夢に初勝利の早田ひなは、大きな自信を持つだろう」優勝した中国のメディアがパリ五輪に向け、日本のエースを要警戒「最大の脅威だ」【世界卓球】(C)THE DIGEST
 韓国・釜山で開催されている卓球世界選手権団体戦は2月24日、女子決勝が行なわれ、日本はマッチカウント2ー3で中国に惜敗。53年ぶりの世界一はならなかった。

【動画】長いラリーを制して笑顔を見せた早田ひな

 第1試合は張本美和(個人世界ランキング16位)が、孫穎莎(同1位)に0ー3で敗退。第2試合は早田ひな(同5位)が陳夢(同3位)に3ー1の逆転勝利を飾った。第3試合は平野美宇(同18位)が王芸迪(同2位)に“衝撃”のストレート勝ちを収めて、マッチカウント2ー1と逆転した。

 しかし、第4試合で早田が孫穎莎に0ー3で敗れると、第5試合は張本が陳夢を相手に1ゲームを先取しながら、そこから3ゲームを連続で奪われて1ー3で敗戦。マッチカウント2ー3で、日本は惜しくも中国に敗れてしまった。
  試合後、中国メディア『捜狐体育』は、「中国が日本を逆転で倒して、大会6連覇を成し遂げた」と伝える一方、日本のエース・早田に注目。「早田は中国の選手を除けば世界最高位。対戦8試合目にして初めて、東京五輪金メダリストの陳夢に勝った」と、早田の価値ある勝利を伝えた。

 早田は第4試合で孫穎莎に敗れたが、しかし「パリ五輪まであと5か月。初めて陳夢に勝った早田は大きな自信を持つだろう。日本チームの最大の脅威だ」と、同メディアは今大会で自信をつけた早田が、パリ五輪までに一層の成長を遂げる可能性を示唆した。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「あわや大惨事だったぞ!」「孫穎莎が救う」日本撃破で6連覇達成も大苦戦した中国女子にファンは議論百出! 日本の健闘には「驚異の総合力だ」「もはや差は軽微」【世界卓球】
【関連記事】「今までは負けてしょうがない気持ちもあった」ストレート勝ちの平野美宇、最強中国を追い詰めるも「こんなに悔しいのは初めて」【世界卓球】
 
【関連記事】「張本さん、最高でした!」日本女子、中国に惜敗も列島大熱狂! 卓球王国から2勝する奮闘ぶりに「凄かった、感動しました!」の声が続々
 
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル