top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「その笑顔がすべてを物語っている」――。歴史的死闘を演じた日本と中国の表彰式で起きた心温まる”ワンシーン”にWTT公式が感動【世界卓球】

THE DIGEST

「その笑顔がすべてを物語っている」――。歴史的死闘を演じた日本と中国の表彰式で起きた心温まる”ワンシーン”にWTT公式が感動【世界卓球】(C)THE DIGEST
 歴史的な死闘を演じた日中の表彰式でのワンシーンが大きな反響を呼んでいる。

 現地2月24日、韓国で開催された卓球の世界選手権団体戦は女子の決勝が行なわれ、世界ランク2位の日本は同1位の中国と激突。53年ぶりの金メダルを懸けた試合は3時間半を超える壮絶な死闘となり、マッチカウント2-3で日本は惜しくも敗北。1971年以来の悲願達成とはならなかった。
【PHOTO】早田ひな、伊藤美誠、平野美宇、張本美和…女子卓球界が誇る“異次元の天才”たちを一挙にチェック!

 圧倒的な強さでファイナルの舞台に駒を進めた日本と中国。卓球ファン垂涎の黄金カードが大舞台で実現し、大きな注目が注がれた世界一決定戦は歴史に残る大熱戦となった。

 第1試合は、スーパー中学生の張本美和と世界女王の孫穎莎(ソン・エイサ)が対戦。中国の最強エースは序盤からその実力をフルに発揮し、15歳を圧倒した。第2ゲームは張本が反撃し、得意のバックストレートやサーブで突き放しにかかるが、最強女王は動じず、見事な修正能力で逆転に成功する。

 崖っぷちの張本は、なんとか攻略の糸口を見つけようと奮闘するが、やはり世界トップの壁は厚く、最後は強烈なフォアハンドに反応できず敗北。無念のストレート負けを喫し、中国がまず先制した。
  日本の流れを変えたのは、2番手で登場したエースの早田ひな。世界ランク3位の陳夢(チン・ム)に先制を許したが、第2ゲーム以降は互角のラリーで応酬。パワフルなフォアハンド、抜群の反射神経でボールをさばき、早田は得点を重ねるごとに吠えて勝利への気迫を見せる。11-8、11-9と連取し、第4ゲームはデュースにまでもつれたが14-12で接戦を押し切り、過去7戦全敗の相手から歴史的初勝利を挙げる。

 さらに、同世代の平野美宇も続く。世界ランク2位の王芸迪(オウ・ゲイテキ)から第1ゲームを11-8で先取すると、激しいバックラリーを展開した第2ゲームを13-11でモノにすると、高い集中力を保ったまま第3ゲームも12-10で撃破。なんと格上をストレートで破る衝撃の内容で世界一に王手をかけた。

 だが卓球最強国は、ここから驚異の底力を発揮。勝利への執念を見せる。

 日中エース対決となった第4試合は孫穎莎が早田を11-2、11-7、11-6で完勝。メダルの色が決まる運命の最終決戦は陳夢が張本に第1ゲームを奪われるが、東京五輪金メダリストの意地を見せ2ゲームを連取。日本の逸材を力でねじ伏せ、最後は6連続得点で日本の希望を打ち砕き、中国が驚異の6連覇を達成。絶対女王を最後まで追い詰めた日本だったが、あと一歩及ばず5大会連続の銀メダルとなった。 強豪同士が繰り広げた手に汗握る接戦は、大会公式からも賛辞が送られている。

 ワールドテーブルテニス(WTT)公式サイトは、この試合の寸評記事を配信。「忘れられない夜、中国が日本に3-2という並外れた勝利を収めた」と評すほど、過去最高の試合だと称えている。

 なかでも、タイトルが懸かった勝負の第5試合については「世界中が注目するなか、あとは陳夢とミワ・ハリモトが結果を残すのみとなった。国際舞台で初対決となる両選手は、勝者が優勝カップを手にするという、これ以上ない究極のゲームとなった」と記し、その緊張感を伝える。

 勝者が決まると、「陳夢は満面の笑みで観客に向かって拳を振り上げ、試合後にはチームメイトと抱き合って喜びを爆発させた。惜しくも敗れた日本だが、今日の英雄的なパフォーマンスは称えるべきだ」と日本の善戦にも触れている。
  加えて記事では、試合後に見られた日中の心温まるシーンを紹介している。

 表彰式で日本と中国、銅メダルを獲得したフランスと香港の選手、コーチたちが一緒にメダルを掲げて記念撮影に収まった様子を紹介。「その笑顔がすべてを物語っている」と綴り、公式X(旧ツイッター)にも写真を共有。投稿から約4時間弱で3万回の閲覧数を記録している。

 日本の夢を乗せた53年ぶりの快挙は、またしても卓球最強国に阻まれた。だが、そのリベンジの機会は5か月後のパリの舞台へとつながっている。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】53年分の想いを背負って戦った15歳・張本美和を早田ひなが優しく抱擁
【関連記事】「あわや大惨事だったぞ!」「孫穎莎が救う」日本撃破で6連覇達成も大苦戦した中国女子にファンは議論百出! 日本の健闘には「驚異の総合力だ」「もはや差は軽微」【世界卓球】
 
【関連記事】日本女子、中国と歴史的な死闘も53年ぶりの頂点ならず…5大会連続の銀メダル【世界卓球】
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル