top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

日本代表・ホーバスHC「88年ぶりですよ。もう勝ちたい」中国にリベンジ誓う

バスケットボールキング

日本代表・ホーバスHC「88年ぶりですよ。もう勝ちたい」中国にリベンジ誓う(C)バスケットボールキング

 2月24日、バスケットボール男子日本代表(FIBAランキング26位)が「FIBAアジアカップ2025予選Window1」中国代表(同29位)戦へ向けた前日練習を実施。トム・ホーバスヘッドコーチ(HC)が主要国際大会で長年勝てていない相手にリベンジを誓った。

 FIBA公式サイトによると、日本は「アジアカップ」レベル以上の主要国際大会に限ると、1936年のベルリンオリンピックを最後に中国戦で未勝利。2021年に就任したホーバスHCは「88年ぶりですよ。もう勝ちたい」と苦笑いを浮かべながら語った。

 男子日本代表のHCとして初陣だった「アジアカップ2023予選」では中国相手に2連敗。「2年半前にボロ負けした。あの試合はスタッフと富樫(勇樹)、須田(侑太郎)、マコ(比江島)の3人しか知らない。あの3人は復讐したいと思っている。他の選手12人は当時のことを知らなかったので、そういう話もしました」と、中国戦へ向けて特別な思いを持っていることを明かした。

 12人中7人が身長200センチを超える中国代表との一戦では、これまで日本が苦しめられてきた“高さ対策”も必須だが、「ハーフコートバスケットは難しいので、速いペースを作りたいです。ワールドカップでも大きい選手がたくさんいたけど頑張ったから大丈夫だと思います」と自信ものぞかせた。

 25日14時ティップオフ予定の中国戦のエントリーロスターには、河村勇輝や比江島慎ら主力選手が順当に名を連ねたほか、ワールドカップで大車輪の活躍を見せていたジョシュ・ホーキンソン、グアム戦をコンディション不良で欠場した馬場雄大も「大丈夫です」とメンバー入りした。

広告の後にも続きます

 中国戦はパリ2024オリンピックへ向けた調整と選手選考の意味合いはもちろん、これまで以上に日本代表としてのプライドを持って戦う試合になる。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル