top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

『ハンテッド 狩られる夜』製作アレクサンドル・アジャ インタビュー サバイバル映画を作るのは「とても怖いんです」

ガジェット通信

人里離れた深夜のガソリンスタンドという一風変わったシチュエーションでのサバイバルを描くスリラー『ハンテッド 狩られる夜』が現在公開中だ。

不倫相手と一夜を過ごし、深夜に家路を急いでいたアリスは、ガソリンスタンドに立ち寄るが、店員の姿が見当たらない。妙に思いながら車に戻ろうとするが、その瞬間どこからか銃弾が飛んでくる。この場所は正体不明のスナイパーの狩り場だったのだ。腕を負傷し、商品棚のわずかな死角に身を隠したアリスは、スナイパーに見つかれば即死という恐るべき一夜を過ごすことになる。

監督は『P2』やリメイク版『マニアック』を手掛けたフランク・カルフン。カルフンと旧知の仲でもある、『ヒルズ・ハブ・アイズ』『クロール -凶暴領域-』のアレクサンドル・アジャがプロデューサーを務めた。ファンの多いアジャだけに、本作にどの程度関わっているのか気になっている観客も少なくないはず。インタビューに応じてくれたアジャによれば、本作では資金集めから実際の制作まで全般にわたって携わっており、カルフン監督と協働していたという。

メイキング写真:フランク・カルフン監督とアレクサンドル・アジャ

「プロデューサーを務めるとき、名前だけ貸すようなことはしたくなくて。深く関わらないのであればやらないようにしているんです。監督のフランクとは2007年に『P2』を作り、2012年に『マニアック』を手掛けていて、“また一緒にやりたいね”と言っていたんだけど、なかなか良い企画がなかった。そんななかで、数年前に彼が“スペインの低予算インディーズ映画をベースにしたこの作品を作ってみたい”と言い出したんです」

広告の後にも続きます

ベースとなったのは、2015年製作の『シャドウ・スナイパー』。誰も助けに来ないガソリンスタンドでスナイパーに狙われ続け、店内にあるものを駆使しながらなんとか生き延びようとするというシンプルなスリラーだ。『ハンテッド 狩られる夜』ではこの設定を活かしつつ、オリジナル版にはなかった“主人公とスナイパーの会話”によって、ストーリーに新たな側面を加えている。

「フランクがこの脚本のどこを気に入っていたかというと、ロケーションが一つでリアルタイムで物語が進行するところ。そして、深夜のガソリンスタンドでスナイパーに命を狙われて、朝まで生き延びるために主人公がこのスナイパーと会話をしていかなきゃいけないという面白い設定ですね。その会話を通して、現在のアメリカにおいて極端に分断が進んでいる部分に触れるような、そこを掘り下げるようなストーリーが魅力だったんです。

脚本はすでにあったのですが、そこからフランクとかなりやり取りをしながら、色んな状況や物語を開発していくということをしていきました。一番大事だったのはバランスを見つけること。ただの会話劇になってしまってはいけないので、怖さやサスペンスをしっかりと感じられるようにしなければならなかった。撮影中だけでなく編集中もずっとそのバランスを考えながら二人で作っていったんです。

撮影期間が17日間しかなく、低予算で毎晩砂漠で撮影という非常にハードなものだったし、しかもその中でやろうとしていることは結構野心的でもあったから、なかなか大変でしたね。サバイバル映画を作っていると、スタッフもまたある種のサバイバルをしているような、みんなが生き抜いて作品が終わるみたいなところがあって。今回もそんな感じがしていましたよ」

加害側が主導権を握る限定的なシチュエーションで、ターゲットになった女性がわずかな選択肢から生存の道を探っていく本作は、『P2』との共通点も少なくない。

『P2』と今作は同じ映画の2つの側面のような、それぐらいつながりのある2作だと思っています。特にフランクはそう考えていたと思う。こういうジャンルを手掛ける映像作家というものは、社会に対する1つの観点を持っているものだと思うんです。作品が作られた時期が違ったとしても、やはりそのあたりの部分が共通して作品から感じ取れるものなんじゃないかな」

サバイバル映画を作るのは「面白いと言うよりも、とても怖いんです」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル