top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

『鬼滅の刃』遊郭編の鬼・妓夫太郎が貫いた“守るべきもの” 堕姫との兄妹の絆を振り返る

Real Sound

土曜プレミアム『特別編集版「鬼滅の刃」遊郭決戦編』©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 2月24日の21時より、フジテレビ系『土曜プレミアム』枠で『特別編集版「鬼滅の刃」遊郭編』の「遊郭決戦編」が放送される。同エピソードは「遊郭編」の後半部分をまとめた内容となり、鬼殺隊と“上弦の陸”である堕姫、妓夫太郎との死闘が描かれる。

参考:『鬼滅の刃』遊郭潜入編のここに注目! 戦いの中で成長する炭治郎と上弦の鬼の強さ

 そこで本稿では、この2人がいかなる魅力をもったキャラクターだったのかおさらいしつつ、見どころとなりそうな部分について語っていきたい。

 「遊郭編」のあらすじをざっくりと振り返っておくと、炭治郎たちが“音柱”宇髄天元に従い、吉原の遊郭に潜入する話だった。そこで敵として立ちはだかるのが堕姫と妓夫太郎、“2人で1つ”の驚異的な存在として数々の柱を葬ってきた鬼の兄妹だ。

 まず妹の堕姫は、圧倒的な美貌と邪悪な性格を併せ持ったキャラクターで、美しく強い鬼であることに誇りをもっており、作中では醜い人間には生きている価値がないと言い放つ場面もあった。

広告の後にも続きます

 その一方、甘えん坊で子どもっぽい素顔を隠し持っているところが大きな魅力。たとえば宇髄に初めて首を落とされた際には、大人びた態度から一変、大声を上げて泣きながら“お兄ちゃん”に助けを求めていた。なおアニメ版ではご存じカメレオン声優の沢城みゆきが堕姫の声を担当しており、彼女の豹変シーンがより一層衝撃的で、破壊力に満ちたものになっている。

 また兄の妓夫太郎は、極端に嫉妬深い性格で、整った容姿をもつ宇髄に対して「妬ましい」と殺意を爆発させていたことが印象的だ。声優・逢坂良太によるねちっこく、耳に粘りつくような演技もインパクトが強い。

 その魅力といえば、何よりも妹想いなところだろう。自分とは違って整った容姿に生まれた堕姫のことを誇りに思っており、「かわいい妹」と直球で発言する場面も。宇髄との戦闘中には、堕姫の身を守ることを強く意識しながら戦っており、少年マンガの敵としては珍しい“守るべきもののために戦う男”だと言える。

 そして妓夫太郎は妹・禰豆子を守るために戦う炭治郎の姿に、どこか自分を重ね合わせているような節があり、挙句の果てには炭治郎を鬼になるよう勧誘していた。残虐な鬼でありながら人間味を感じさせる部分があるため、そこに惹かれてしまったファンも多いのではないだろうか。

 さらに堕姫と妓夫太郎の魅力といえば、やはり“兄妹としての絆”を語らないわけにはいかないだろう。彼らの絆は作中でもトップクラスに強固であり、その理由は人間だった頃のエピソードに関わっている。

 2人が生まれたのは遊郭の最下層「羅生門河岸」で、極度の貧困に苛まれながらもお互いに支え合って生きていた過去をもつ。そこで妓夫太郎は醜い容姿、声などが理由で周囲から怪物のように忌み嫌われていた。それに対して人間時代の堕姫、“梅”は容姿に恵まれており、妓夫太郎にとって心の支えになっていたが、遊郭で客の侍に楯突いたことから、生きたまま焼かれるという仕打ちを受けてしまう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル