top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

痩せたければ筋肉をつけるべし!知っておくべきダイエットの近道とは?【図解 内臓脂肪がごっそり落ちる食事術】

ラブすぽ

筋肉はエネルギーの大消費組織

内臓脂肪の蓄積にストップをかけるには、摂取エネルギーよりも消費エネルギーを増やす必要があることは紹介しました。そのカギを握るのが、先に述べた基礎代謝です。代謝量が大きくなればなるほど、効率よく摂取エネルギーが使われるため、内臓脂肪や皮下脂肪の蓄積を抑制できます。

ところが、食事から摂取するたんぱく質が不足すると、体は筋肉などに含まれるたんぱく質を分解してエネルギーを補充しようとします。これが体の中で最大のエネルギー消費源である筋肉を減らす結果となり、基礎代謝の低下へと繋がってしまうのです。

私たちが1日に消費するエネルギーの中で、基礎代謝の占める割合は約6割と最も大きく、うち約20%は筋肉が消費しています。これは脂肪が消費するエネルギーの約3倍にもなるので、脂肪を減らして筋肉をつけることが基礎代謝を格段に上げ、消費エネルギーを増やすことに繋がります。

また、筋肉量や筋力が低下すると、運動機能や活動量も下がるため、さらなる消費エネルギーの減少を招く悪循環にはまってしまいます。極端な減食や偏食によるたんぱく質の不足が、ダブルパンチで内臓脂肪蓄積のリスクを広げるわけです。内臓脂肪を減らすためには、たんぱく質が重要な役割を果たすことを覚えておいてください。

『肥満治療の名医が教える 図解 内臓脂肪がごっそり落ちる食事術』はこんな人におすすめ!

・健康的に痩せる方法を知りたい!
・痩せるメカニズムについて知っておきたい!
・内臓脂肪を落とせる食事を知りたい!

広告の後にも続きます

以上の方には「図解 内臓脂肪がごっそり落ちる食事術」は大変おすすめな本です。

昔と違い、今では「健康のためのダイエット」という考えが一般的に普及しています。しかし、どうしても「簡単に・楽に・短期間にやせる」ということばかりに目がいってしまい、必要以上に無理をして体調を崩したり、ダイエットがきつすぎて途中で断念してしまう方が少なくないのも事実です。

本書では、いかに「無理なく継続できる方法で内臓脂肪を減らしていくか」をテーマに、そのノウハウをわかりやすく紹介していきたいと思います。続かないダイエットからの脱却を一緒に目指しましょう。

意識すべき4つのプログラム

本記事では「継続できるダイエット」を進めていく上で、重要な4つのプログラムについて紹介します。すべての基礎になる考えですので、ぜひ熟読してください。

胃を本来の大きさに戻す
内臓脂肪が増えるのは、大きくなりすぎた胃のせい。まずは胃の大きさを元の状態に戻すことを目標にしましょう。胃が小さくなれば、それに見合った食事の量で満足でき、無理なく減食ができます。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル