top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

「彼が適切だ」大谷翔平の後払い契約は正しかった! 全米プロ野球協会が支持「自由に使える」【海外の反応】

ベースボールチャンネル

大谷翔平 最新情報

 大谷翔平選手はロサンゼルス・ドジャースと10年総額7億ドル(約1050億円)の超大型契約を結んだが、そのうちの97%に当たる6億8000万ドル(約1020億円)を後払いにした。そのことで批判の声も上がっているが、全米プロ野球選手協会でエグゼクティブディレクター(ED)を務めるトニー・クラーク氏は大谷を支持している。米紙『ロサンゼルス・タイムズ』が報じた。

 

今シーズンのメジャーリーグはABEMAプレミアムで!公式戦324全試合を日本語実況解説のもと完全生中継!

 
 大谷が契約金の大半を繰り延べる選択をしたことにより、ドジャースは今オフに積極的な補強をすることが可能となった。大谷と超大型契約を結んだ後、オリックス・バファローズからポスティング公示された山本由伸投手とも12年総額3億2500万ドル(約487億円)という大型契約を結んでいる。さらに、タイラー・グラスノー投手やマニュエル・マーゴット外野手、テオスカー・ヘルナンデス外野手など強力な選手もチームに加えることに成功した。
 

 
 しかし、大谷の後払い契約については、税制上の不均衡との批判もある。クラーク氏は「我々にとって基本的なことは、選手、代表者個人、それ以外のチームが、できるだけ多くの選択肢を自由に使えるようにすることだ。それは選手たちが持っている権利であり、彼らが適切と考える方法で使用することを選択できる。我々は選手たちに視点を提供する。歴史を提供する。選手自身が最善の決断を下せるよう、あらゆる情報を提供する。だから、ある選手が翔平のようにしようと決めたら、その決断を下すことができる。もし、契約をすべて現在価値にすることを望む球団を見つけたとしたら、それも構わない」と語っている。
 

 

 
【了】

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル