top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

櫻井翔は「穏やかで人を柔らかくまとめていく存在」ドラマPが明かす撮影秘話や“獣”を選んだ理由 <新空港占拠>

WEBザテレビジョン

櫻井翔主演のドラマ「新空港占拠」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系/Huluにて配信)。2023年に放送された「大病院占拠」の続編で、櫻井演じる刑事・武蔵三郎が、神奈川県初の国際空港「かながわ新空港」の占拠事件に立ち向かうタイムリミット・バトル・サスペンス。このたび、WEBザテレビジョンでは、本作のプロデューサー・尾上貴洋氏にインタビューを実施。続編制作の経緯や、主演の櫻井の現場での様子、撮影の裏話などについて話を聞いた。

■続編の舞台は、前作を超える規模感を意識

――本作は「大病院占拠」の続編ということですが、続編を制作することになった経緯について教えてください。

「大病院占拠」を撮影している後半くらいから続編のことを考えていました。どういう場所を占拠しようかというところから考え始め、一般のお客さんがたくさん入ってこれる場所の方が怖いのではないかと思ったのと、前作を超える規模感を出せるところが良いと考えた時に、空港だったらドキドキするのかなと考えました。

実際の空港でも撮影をしていますが、想像以上に大変です。カメラを持っていくことや、本物ではないですが銃を持っていくことなど、撮影のハードルが非常に高かったです。撮れる時間も限られていたので、撮っている側もタイムリミットサスペンスみたいでした(笑)。

――前作で病院を占拠したのは「鬼」でしたが、今作で空港を占拠した集団を「獣」にした理由について教えてください。

お面の特徴を何か付けたいと思った時に、前作は青鬼とか赤鬼とか色での個性はありましたけど、「鬼」と総称できたチームだったんですよね。今回も個性はあれど、一つの言葉でその集団を説明できるものにしたいなと思い、動物にして「獣」という総称にしようと思いました。SNSなどいろんなところで言う時に「獣」って一言で全体のことを言えるのがいいなと思い「獣」にしました。

■キャスト陣もチェックするSNSの考察

――獣キャストの皆さんの撮影現場での様子はいかがですか。

皆さん「銃が重い」って言っています。もちろん本物ではないんですけど、精工なものでリアリティのある重さになっていて、それをずっと持っていると、肩や腰が痛くなるようです。そういった同じ苦労を分かち合っている人たちなので、非常に仲がいい朗らかな雰囲気があります。合間には、飼っているペットの話とかをしていたりして、動物が動物の話をしてますね(笑)。控室などでお面をつけた人たちがズラッと座っている景色を見ると、そういうドラマを撮っていると分かっていても驚きます。

――獣の正体が明かされる前には、SNSで前作同様キャストの考察も盛り上がっていた印象を受けます。

キャストの皆さんもSNSを見ている人は見ていますね。見ている人がいろんなキャストに「あなたこう言われてますよ」とかっていうのを伝えてるみたいで、キャスト同士でも盛り上がってます。「いきなりバレてます」と言ってくるキャストもいました(笑)。

■座長・櫻井翔は「穏やかで人を柔らかくまとめていく存在」

――現場での櫻井さんはどんな座長ですか?

前作同様、座長としては、穏やかで人を柔らかくまとめていく存在だと思います。いろんな人に柔らかく話しかけて、知らず知らずのうちに現場がいい雰囲気になっていくという空気感を作ってくれる座長です。櫻井さんは、作中でどんどん真相を知っていき巻き込まれる役なので、物語の真相や先々決まってるお話については役柄上知らないでおいた方がいいんじゃないかと思ってくれています。なので、あえて櫻井さんとは物語の先々の話はあまりしていません。

――櫻井さんはアクションシーンも多いですが、大変そうだったシーンはありましたか。

前作以上に、ほこりまみれ、傷まみれになっています。CGではなく本当にほこりのある場所で、ほこりにまみれて撮影しているので、本当に大変だったと思います。服もボロボロで、櫻井さんは「最終話では肌着一枚になってるんじゃないか」なんて冗談も言っていました(笑)。

――武蔵の衣装については前作から変化はありますか。

前作と一緒に見えると思うんですけど、テイストは似ていますが、実は変わっています。衣装合わせの時に、だいたい人の好みって変わんないから一年経ったらこういう服を買うんじゃないかなど、櫻井さんとも話をして決めました。武蔵三郎という人間が普段選ぶであろう服になっていると思います。

■青鬼役・菊池風磨も引き続き登場「すごく喜んでいました」

――第3話では武蔵の首に鍵が埋め込まれているなどの描写もあり、恐ろしい発想だと思ったのですが、そういった脚本はどういうふうに考えられているんですか。

「大病院占拠」を見ていただいた人は、鬼たちには何らかの事情があって本当は優しい人たちだろうという目線で見てくれると思うのですが、もっとやばい集団なんだということを先に表現したいと思い、残酷ではありますが早い段階で恐ろしい内容も入れています。櫻井さんも、獣たちがすごく狂気性を帯びていて、前回よりも怖さが増しているというのは言っていました。

――また、前作とのつながりで青鬼役の菊池風磨さんも登場しました。菊池さんは続編への出演についてどのような反応でしたか。

すごく喜んでいました。「楽しみです!喜んで出ますんで!」と。実は櫻井さんにも、続編の依頼をした時から風磨くんが出ることを伝えていたので、「期待値が上がりますね」というような話をした記憶がありますね。

■獣のリーダー役は「人を率いていけるような人物」

――今回獣のリーダーが高橋メアリージュンさんであることも解禁されました。高橋さん含めキャスティングのこだわりを教えてください。

お話を最初に作った上で、一番これを面白く演じてくださる方っていうのを念頭にキャスティングすることが多いです。獣のリーダーについては、カリスマ性があって、華があって、人を率いていけるような人物っていうことを考えた時に高橋メアリージュンさんにお願いしました。それと、新たに入ったメンバーでいうと、ジェシーさん(獣のメンバーの“鼠”役)の現場の存在感や雰囲気がとても良いです。撮影スタッフの間では男性人気が非常に高いです。

――放送が始まり、キャストの方々の反応や、言われてうれしかったことはありますか。

本編を見たキャスト陣に「本当に時間が過ぎるのが早い」と言っていただいたのはうれしかったです。例えば、指揮本部と獣たちは別々に撮影しているので、キャストの方は自分たち以外のシーンはどう撮影しているか分からないんです。放送を見て、「あ、ここでこういう風に繋がってたんだ」「こんないっぱい人が出てたんだ」みたいなことが分かるので、キャストの方が放送を見て感想を言ってくださるのが、素直にうれしいです。

■前作と同じ主題歌は「続編にもバッチリはまった」

――主題歌を前作に引き続きSnow Manの『W』に決めた理由についても教えてください。

「大病院占拠」で主題歌『W』を作っていただいた時、歌詞のイメージや番組の世界観をお伝えした上で作っていただいた曲だったんです。終盤に曲がかかるので、終盤から次の話に盛り上げるために「こういう入り方をしてほしい」というところまでお伝えした上で作っていただいた思い出の曲で。続編にもバッチリはまった曲でしたし、また同じ曲がかかるっていうのは視聴者からしても「来た来た!」って思ってくれるのかなっていう思いもあり引き続き『W』を採用しました。

――最後に、後半にかけての見どころをお願いします。

獣の正体が前半で判明して、後半はなぜこの占拠事件が起き、どういう背景で何をしようとしていたかというのが徐々に明らかになっていきますので、このメインストーリーを楽しんでいただければと思います。


◆取材・文=水沢あすみ

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル