top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

<Eye Love You>韓国式キュンで視聴者を魅了、ドラマPが明かす撮影秘話「ジョンヒョプさんのアイデアを交えながら演じてくれています」

WEBザテレビジョン

二階堂ふみが主演、日本初進出の韓国人俳優、チェ・ジョンヒョプが出演している火曜ドラマ「Eye Love You」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)。同作は、心の声が聞こえる“テレパス”を持つ主人公が超ストレートな年下の韓国人男性と恋に落ちる、もどかしくも明るいファンタジック・ラブストーリー。このたび、WEBザテレビジョンでは、中島啓介プロデューサーにインタビューを実施。完全オリジナルとなる本作の誕生秘話や、キャスト陣の魅力、またジョンヒョプによるアイデアも盛り込まれているという“韓国式”胸キュンシーンの裏側について語ってもらった。

■テレパスの主人公×年下韓国人が織りなすファンタジック・ラブストーリー

ある事故をきっかけに、目を見るとその相手の心の声が聞こえてしまう“テレパス”の能力を持つ本宮侑里(二階堂)は、知りたくもない相手の「本音」が聞こえてしまうため、恋をすることは長い間諦めていた。

そんなある日、侑里が出会ったのは明るく人懐っこい性格の韓国人留学生のユン・テオ(ジョンヒョプ)。彼と偶然目が合うも、聞こえてきた声は韓国語だった。太陽のように明るくストレートなテオは、自分の本音をさらけ出せない侑里の閉ざされた心をとかしていく。

侑里とテオを取り巻くキャストとして、大学時代に侑里と出会い、ともにチョコレートショップ「Dolce&Chocolat.」を立ち上げた花岡彰人役で中川大志、ショコラティエ兼ショップの店長でありながら、恋愛マスターとしての一面も持つ池本真尋役で山下美月(乃木坂46)が出演。

また、テオの先輩で頼れる兄のような存在の小野田学役を清水尋也、男手一つで侑里を育ててきた本宮誠役を立川志らくが演じる他、ゴリけん、鳴海唯、絃瀬聡一、杉本哲太ら個性豊かな面々がストーリーを盛り上げる。

■目指したのは、みんなに愛されるオリジナルな“ラブストーリー”

――ヒロインの相手役を韓国人俳優が演じるのは民放GP帯連続ドラマ史上初ということで放送前から話題になっていましたが、このようなチャレンジをしてみることになった経緯を教えてください。

ドラマの企画をしたのは何年か前なのですが、ここ数年は韓国ドラマファンの方も多いですし、日本で韓国のコンテンツに触れる機会も多くなってきました。

これまで、国内でも単発ドラマでは韓国や中国の俳優の方と一緒に作品づくりをしてきたことはあると思うのですが、連続ドラマでそういった機会はなかなかなかったんです。みんな韓国のコンテンツを見たり、いい意味で垣根みたいなものがなくなってきている中で、日本人と韓国人の恋を描くドラマがあってもいいんじゃないかなと純粋に思ったのがきっかけです。

チャレンジングな企画ではありましたが、日本のドラマが好きな方にも、韓国ドラマを好きな方にも喜んでいただける、オリジナルなラブストーリーを作れたら、という思いでドラマを制作しております。

――今作はオリジナルストーリーですが、どのようにして着想を得たのでしょうか?

僕自身、周りに韓国人の友人がいたり、韓国にも行ったことがあるのですが、言葉が分からなくても表情から相手の気持ちは伝わってきますし、そんな中でのコミュニケーションの温かさを感じるという経験がありました。

このドラマは「Eye Love You」というタイトルの通り人間と人間の愛がテーマなので、そこに通ずるものはあるなと思い、主人公が“テレパス”という能力を持つ設定でストーリーを作っていくことにしました。


■現場を支える、座長・二階堂ふみの“強さ”

――主人公・侑里を演じる二階堂さんのキャスティング理由を教えてください。

皆さんご存知の通り、二階堂さんはとんでもなくお芝居が上手な方です。コミカルな芝居から、グッとくるエモーショナルな芝居まで演技の振り幅があって、とても素晴らしい俳優さんだなと思っています。

今回、外国の俳優さんと一緒にドラマを作るということで、キャストやスタッフも含め、みんな初めての経験でした。何より、新感覚の現場になりうる可能性があったので、それを受けていただく方の度量といいますか、対応力がすごく必要だなと。

実は、二階堂さんをキャスティングした時点ではどなたに相手役を演じていただくか決まっていなかったのですが、事前にお話させていただく中で、どんなことが起きても芝居で受け止めてくれる強さがありましたし、それと同時に今回の試みを“面白い”と思ってくれたというのが大きくて。

言葉の壁などいろいろな課題もあるのですが、それを一緒に乗り越えながら、良い現場を作ってくださっていて。二階堂さんあってこそ、今この現場はまわっているなと感じています。

――そんな二階堂さんの相手役は、韓国でドラマ界のライジングスター(※次世代を担うスター)の一人と呼ばれ、人気沸騰中のジョンヒョプさんが演じています。

ジョンヒョプさんにも、今回のチャレンジともいえるドラマに参加していただいたことを本当に感謝しています。

外国の言葉でせりふを全て覚えて、それを芝居に乗せて話すということはとてつもない努力が必要ですし、それをやろうと決めること自体にも覚悟が必要だと思います。

最初は日本語が全く話せない状態だったのですが、かなりのスピードで上達されていて。それに加えてジョンヒョプさんは表情や演技の振り幅も魅力的だと思います。かわいい表情、怒った表情、シリアスな表情…その心情の振り幅をしっかりと作ってきてくださるところが素晴らしいです。

――二階堂さん演じる侑里のビジネスパートナー・花岡役の中川さんはいかがでしょうか?

中川さん演じる花岡は、自分の思いをストレートに伝えるテオとは対照的で、自分の気持ちを隠しているといいますか、言葉にしない愛みたいなものがあって。中川さんは「秘めた思いを伝えない優しさ」を演じるのが抜群に上手。いつも“最高だな!”と思いながら見ています(笑)。

花岡は、三角関係のいわゆる“当て馬”的に割り込んで嫌がらせをすることは決してなくて。言葉でなく、表情で視聴者に訴えかけるという部分も中川さんがうまく表現してくれているなと思いますし、コミカルな芝居の間も素晴らしいです。テオと花岡、両方みんなに愛されるといいなと思っています。

――ジョンヒョプさんの通訳としてバラエティー番組に出演していたみょんふぁさんがテオの母親役として登場し、話題になりました。

みょんふぁさんは日本国内で通訳や翻訳、俳優などの仕事をされていて、以前から「日韓のコンテンツや文化交流の架け橋になりたい」と活躍されていたそうです。ドラマが始まる少し前に社内の先輩を通じて紹介していただいて、お会いすることになりました。

まずは、番宣などで出演するバラエティー番組での通訳をお願いすることになったのですが、みょんふぁさんはお芝居もされているとのことだったので、優しい雰囲気がイメージと合いテオの母親役もやっていただくことになりました。

まさか「ラヴィット!」であんなに活躍されるとは思っていなかったので驚いているのですが、他のバラエティー番組で通訳していただいた際にも瞬発的に面白い通訳をされていた印象です。ちなみに、「ヨギソダイブ」は仕込んでいたわけではないので、全く狙っていないです(笑)。いち視聴者として見ていて面白かったです。


■毎シーンどこか1カ所は「ジョンヒョプさんのアイデアがある」

――Netflixで上位にランクインしたりと大きな話題になっていますが、反響はどのように受け止めていますか?

日本のドラマでヒロインの相手役を韓国人俳優が演じるという、この座組自体が今までになかったものではあるので、どのような反応があるのか放送されるまで全く予想がつかなかったです。ネガティブな反応が返ってくる可能性もあるかもとも考えていました。

ですが、キャスト、スタッフ一同共通認識として持っていたのは「とにかくみんなに元気になってほしい」ということ。このドラマを見ることで“明日も頑張ろう”と思えたり、疲れている心が癒されるといいなと考えていたので、放送がスタートして皆さんのポジティブな反応を見ることができて、今は少しホッとしています。

――今作では“韓国式胸キュン”も多く盛り込まれており、韓国ドラマファンからも愛されている印象です。

この作品には“韓国ドラマあるある”みたいなものもたくさんあると思うのですが、今作を作る上で韓国人のプロデューサーをはじめ韓国人スタッフが数名入っておりまして、脚本家さんと共に胸キュンのアイデアをたくさん出してくれています。

日本のドラマでいう“壁ドン”とはまた違う“韓国的キュン”、視聴者の方の胸がときめくような要素をたくさん取り入れるようにしています。

第3話ラストの“韓国式指切り”ですとか、日本にはないアイデアを取り入れながら台本に落とし込んでいるのですが、現場ではジョンヒョプさんが韓国人ならではのアイデアも交えながら演じてくれています。

――具体的にはどのようなアイデアが採用されているのでしょうか?

いっぱいあるのですが…例えば、第1話の終盤でのシーンでテオが「そこのキョロキョロしてるかわいい人―!」と叫ぶのですが、これはジョンヒョプさんのアイデアです。あとは、第4話のラストでテオが侑里の薬指にリボンを結ぶシーンがありますが、その直前にひざまずいてキスをしそうになる流れもジョンヒョプさんのアイデアです。

現場は「こうやった方が侑里さんはキュンと来るんじゃないですか?」などと提案をしてくれたり、胸キュンシーンに限らず、毎シーンどこか1カ所はジョンヒョプさんのアイデアがあると思います。

■「美しい情景の中でラブストーリーが大きく動き、一つの結末を迎えます」

――最後に、第6話の見どころと読者へのメッセージをお願いします。

第6話をもって第一章完結となるので、ここで一度物語のクライマックスを迎えるのですが、第6話の舞台は北海道です。侑里、テオ、花岡が出張で北海道へ行き、物語の鍵となっているラッコが生息する場所など、いろんな場所を訪れます。

世界配信ということもあって日本の美しい景色なども意識しながらドラマを作っているのですが、そんな美しい情景の中でラブストーリーが大きく動き、一つの結末を迎えます。ぜひ前半の最終回だと思って見てほしいです!

素晴らしいキャスト陣と共に、演出・技術・美術、全てのスタッフが1カット、1カット一生懸命に愛情を詰め込んだ「Eye Love You」をぜひこれからも楽しんでいただけたらと思います。


 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル